レーテ共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
社会主義・共産主義を表す赤旗
社会主義・共産主義を表す赤星

レーテ共和国ドイツ語: Räterepublik)は、ドイツ革命期にレーテ(労働者・兵士評議会、労兵評議会)が政治権力を掌握して、短期間成立した政治システムである[1]ソビエト共和国英語版とも訳される。

ブレーメン・レーテ共和国1919年1月10日から1919年2月4日まで、バイエルン・レーテ共和国は1919年4月6日から1919年5月3日まで、それぞれ存続した。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 労兵評議会”. ブリタニカ国際大百科事典小項目事典. 2020年12月12日閲覧。