レーオポルト・ツンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レーオポルト・ツンツ

レーオポルト・ツンツ(Leopold Zunz, 1794年8月10日 - 1886年3月17日)はドイツユダヤ教徒の学者。近代的なユダヤ学の建設者である。

1839年1850年ベルリンのユダヤ人教員養成所所長。

1822年1823年、「ユダヤ教科学研究」"Zeitschrift für die Wissenschaft des Judentums"誌の編集者をつとめる。

また、ドイツ語の純粋性の保持を主張した。

著作[編集]

  • Die Namen der Juden(1837年)
  • Literaturgeschichte der synagogischen Poesie(1865年)
  • Deutsche Briefe(1872年)