レ・ボー=ド=プロヴァンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北東から眺めたレ・ボー
Les Baux-de-Provence
Blason Baux de Provence.svg

Les Baux-de-Provence.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏
(département) ブーシュ=デュ=ローヌ県
(arrondissement) アルル郡
小郡 (canton) サロン=ド=プロヴァンス1小郡
INSEEコード 13011
郵便番号 13520
市長任期 ミシェル・フェラール
2014年-2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes Vallée des Baux-Alpilles
人口動態
人口 391人
2015年
人口密度 22人/km2
住民の呼称 Baussenques, Baussencs
地理
座標 北緯43度44分38秒 東経4度47分43秒 / 北緯43.743889度 東経4.795278度 / 43.743889; 4.795278座標: 北緯43度44分38秒 東経4度47分43秒 / 北緯43.743889度 東経4.795278度 / 43.743889; 4.795278
標高 平均:?m
最低:52m
最高:310m
面積 17km2 (1 700ha)
Les Baux-de-Provenceの位置(フランス内)
Les Baux-de-Provence
Les Baux-de-Provence
テンプレートを表示

レ・ボー=ド=プロヴァンス(Les Baux-de-Provence)は、フランス南西部ブーシュ=デュ=ローヌ県の小さな町。アルピーユ山脈の中にある、壮大な景観を持つ岩だらけの土地であり、南方の平野を見渡せる古城を頂いている。プロヴァンス語の baou (岩だらけの尾根、の意)に由来する町の名前は、その景観からつけられたものである。なお、ボーキサイト (bauxite) は、この町の名前にちなんでいる(後述)。

歴史[編集]

レ・ボー一帯は中世期に栄えた。ボーの領主は近隣の79の町村を支配下におさめ、プロヴァンスでその名が知られた。彼らは家紋にベツレヘムの星を用いていた。これは、彼らが東方の三博士の一人バルタザールの末裔を自称していたことによる(無論、史料的な裏付けのある話ではない)。この一族は最終的に15世紀に途絶えた。

その後、ボーの城はプロテスタントの牙城として利用されたため、1632年にはリシュリューによって破壊された。

この町は、1642年にモナコの領主グリマルディ家に譲り渡され、レ・ボー侯爵 (Marquis des Baux) の称号は現在でもモナコ大公家に受け継がれている。この称号は、伝統的に大公の一族が襲名することになっており、現在の称号の保持者はジャック公世子である(ただしこの称号は儀礼称号であり、レ・ボーは行政上は完全にフランスに属している)。

1822年にはレ・ボー付近で地質学者ピエール・ベルチェによって、ボーキサイトが発見された。以降、この一帯で広く採掘されたが、20世紀末に完全に枯渇した。現在のフランスは、ボーキサイトの大半を西アフリカからの輸入に頼っている。

現在のレ・ボー=ド=プロヴァンス[編集]

かつては4000人いた人口も約500人となっており、フランスのコミューンの中でもかなり小規模なものとなっている。かつての栄華をしのばせる城は廃墟となっているが、このような歴史的遺跡や景観は、現在のレ・ボーの収入源である観光業にとって重要なものとなっている。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2015年
253 295 367 433 457 434 381 391

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[1]、2006年以降INSEE[2][3]

参照[編集]

外部リンク[編集]

レ・ボー=ド=プロヴァンスの景観