レ・バルドー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レ・バルドー
El bardo-museum09.JPG
レ・バルドーの位置(チュニジア内)
レ・バルドー
レ・バルドー
チュニジア国内の位置
Flag of Tunisia.svg チュニジア
チュニス県
人口
(2004)
 • 合計 73,953人
等時帯 UTC1 (CET)

レ・バルドー (Le Bardo) 、バルドー (Bārdaw, Bardaw, Bardois) は、チュニスの西にあるチュニジアの都市。2004年時点での人口は73,953人。

15世紀にハフス朝によって建設され、名称のバルドー (Bardo) は、庭園を意味するスペイン語「pardo」から来ている。バルドーには、18世紀にチュニス宮廷が存在した。チュニジア王国ベグの到着により、バルドーは政治、文化、宗教の中心地となった。この古代のベグの宮廷は、実際にチュニジア議会の本部であり、1882年にここで国立博物館がオープンした。

近くのKsar Saïd宮殿で署名され、1881年にチュニジアをフランス保護国としたバルドー条約英語版の名もこの都市に因んでいる。

外部リンク[編集]