レヴォン・テル=ペトロシャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レヴォン・テル=ペトロシャン
Լևոն Տեր-Պետրոսյան
Levon Ter Petrossian.jpg

アルメニアの旗 アルメニア共和国
初代大統領
任期 1991年10月16日1998年2月3日

出生 (1945-01-09) 1945年1月9日(74歳)
シリアの旗 シリアアレッポ
政党 アルメニア全国民運動

レヴォン・テル=ペトロシャン(テルペトロシャンとも表記、アルメニア語: Լևոն Տեր-Պետրոսյան, ラテン文字転写: Levon Ter-Petrosyan, 1945年1月9日 - )は、アルメニアの初代大統領(在任:1991年 - 1998年)。

1945年シリアアレッポに生まれる。父のハゴブ・テル=ペトロシャンはシリア・レバノン共産党を創設するなどシリアの左翼運動家であったが、当時のソビエト・アルメニア人帰還運動の影響により、一家を連れて1946年に当時のアルメニア・ソビエト社会主義共和国エレバンに帰国した。

テル=ペトロシャンは、エレバン大学でアルメニア古代史を専攻した。1965年アルメニア人虐殺50周年では、人間の鎖に参加している。その後も古典文献学の研究に携わっていたが、1988年アゼルバイジャン・ソビエト社会主義共和国ナゴルノ・カラバフ自治州をめぐり帰属変更問題が顕在化すると、テル=ペトロシャンは「カラバフ委員会」を立ち上げた。カラバフ委員会は1989年に「アルメニア全国民運動」と名称を変え、テル=ペトロシャンはこの運動の指導者となる。1991年10月の大統領選挙で初代アルメニア大統領に当選する。大統領在任中はナゴルノ・カラバフ問題の解決に尽力し、アルメニアの優位な形で休戦に導くことに成功したが、和平プロセスにおける協調的・妥協的な姿勢が反対派、さらには政権内部にまで批判を拡大し、政権内の閣僚が多数辞任したことにより、1998年2月に辞任した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
公職
先代:
(創設)
アルメニアの旗 アルメニア共和国大統領
初代:1991年 - 1998年
次代:
ロベルト・コチャリャン
先代:
サムソン・トノチャン
Flag of the Armenian Soviet Socialist Republic (1952–1990).svg アルメニア社会主義共和国
最高会議議長

1990年 - 1991年
次代:
(消滅)