レンツの法則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
電磁気学
VFPt Solenoid correct2.svg


電気 · 磁性

レンツの法則とは、19世紀のロシアの物理学者ハインリヒ・レンツによって発見された電磁誘導に関する法則。

何らかの原因によって誘導電流が発生する場合、電流の流れる方向は誘導電流の原因を妨げる方向と一致するというもの。例えばコイルに軸方向から棒磁石を近づけると誘導電流が流れる。コイルに電流が流れると磁場が生じるが、この磁場はレンツの法則が示唆する向き、すなわち棒磁石の接近を妨げる向きとなる。

コイルに発生する誘導起電力をE ,コイルを境界とする面を貫く磁束を\Phiとすれば,

E = - {d \Phi \over dt}

と表される.

ブレーキへの応用[編集]

渦電流が発生すると、レンツの法則よりブレーキ力が発生する。

関連項目[編集]