レロス島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レロス島

レロス島(レロスとう、Leros)は、エーゲ海南部、ギリシャドデカネス諸島に属する島で、基礎自治体でもある。アテネの外港であるピレウス港から317 kmの距離があり、フェリーで11時間かかる(アテネからのフライトでは45分)。カリムノス県の一部である。イタリア語でLèro、トルコ語でİleriyeと呼ばれている。

歴史[編集]

古代[編集]

この島にはかつて女神アルテミスの神殿があったとされている[1]

脚注[編集]

  1. ^ Herbermann, Charles, ed. (1913). "Leros" . Catholic Encyclopedia. New York: Robert Appleton Company.

関連項目[編集]

座標: 北緯37度09分 東経26度51分 / 北緯37.150度 東経26.850度 / 37.150; 26.850