レボドパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レボドパ
Levodopa.png
Levodopa3D.PNG
IUPAC命名法による物質名
(S)-2-amino-3-(3,4-dihydroxyphenyl)
propanoic acid
臨床データ
投与方法 経口
薬物動態データ
生物学的利用能 30%
代謝 芳香族-L-アミノ酸脱炭酸酵素
半減期 0.75–1.5 時間
排泄 腎から 70–80%
識別
CAS番号 59-92-7
ATCコード N04BA01
PubChem CID: 6047
DrugBank APRD00309
KEGG D00059
化学的データ
化学式 C9H11NO4
分子量 197.19 g/mol

レボドパまたはL-ドパ(正式名称:4-ジヒドロキシフェニルアラニン、英語: L-3,4-dihydroxyphenylalanine)は、動物、植物の体内で生成される化学物質である。

概要[編集]

自然界に産生され、ある種の食物や薬草、例えばハッショウマメに含まれ、哺乳類では必須アミノ酸であるL-チロシン(L-Tyr)から体内や脳内で合成される。チロシンはチロシン水酸化酵素によりレボドパとなる。レボドパはレボドパ脱炭酸酵素によりドパミンとなる。すなわちレボドパは、総称的にカテコールアミン(カテコラミン)として知られる神経伝達物質である、ドパミン、ノルアドレナリンアドレナリンの前駆体である。

その本来の生物学的に必須な役割以外に、レボドパはパーキンソン病(PD)とドパミン反応性デストニア(DSD)の臨床療法に用いられる。医薬品としては、国際一般名を用いてレボドパと呼ばれるのが普通である。これを含む商品名としては、シネメット、パーコーパ、アタメット、スタレボ、マドパー、プロローパ等がある。 補助食品(サプリメント)または向精神薬として用いられる。

適応[編集]

パーキンソン病パーキンソン症候群。ドパ反応性ジストニア(en)。

用法・用量[編集]

レボドパ未投与例の場合

初回1日量1〜3錠を1〜3回に分けて、食後に経口投与し、 2〜3日毎に1日量1〜2錠ずつ漸増し、維持量として1日3〜6錠を経口投与する。

レボドパ投与例の場合

初回1日量は投与中のレボドパ量の約1/5に相当するレボドパ量(本剤1錠中レボドパ100mg含有)に切り換え、1〜3 回に分けて食後に経口投与し、漸増もしくは漸減し、維持量として1日量3〜6錠を経口投与する。

関連項目[編集]