レベデフ物理学研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

レベデフ物理学研究所(レベデフぶつりがくけんきゅうじょ、ロシア語: Физический институт имени П.Н. Лебедева Российской академии наук)、英語: Lebedev Physical Institute)はロシアモスクワにある、世界的にも有名な物理学関係の研究所である。

歴史[編集]

レベデフ物理学研究所の起源はピョートル大帝が1714年にサンクトペテルスブルクに創設した「クンストカメラ」に遡るとしている。ロシア革命後は、1934年に物理学者、セルゲイ・ヴァヴィロフにより現在の形に整えられて、モスクワへ移動した。この時に、ロシアの物理学者・天体物理学者のピョートル・レベデフPyotr Lebedev)の名称を冠して、正式名称は「ソ連邦科学アカデミー・レベデフ名称・物理学研究所」(ロシア語: Физический институт имени П.Н. Лебедева Российской академии наук、略称:ФИАН=フィアン)となる。住所は、レーニンスキー大通り53番(ロシア語: Ленинский проспект, д. 53)である。

日本の情報通信研究機構と、パルサーの「ジャイアント・パルス」に関する共同研究も2010年から行なった。 [1]

ノーベル賞受賞者[編集]

これまで、次のようなノーベル賞受賞者を輩出している。

脚注[編集]

参照項目[編集]

外部リンク[編集]