レベッカ・ソルニット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レベッカ・ソルニット
Rebecca Solnit and Christian Bruno2.jpg
レベッカ・ソルニット(左)と撮影監督のクリスチャン・ブルーノ(2010年)
誕生 (1961-06-24) 1961年6月24日(56歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州
職業 著作家メモリストエッセイスト
最終学歴 カリフォルニア大学バークレー校
公式サイト rebeccasolnit.net
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

レベッカ・ソルニット英語: Rebecca Solnit , 1961年6月24日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ在住の著作家。環境、政治、芸術など幅広いテーマを取り上げている。

生い立ち[編集]

ソルニットはアメリカ合衆国カリフォルニア州ノヴァト英語版で幼少期を過ごした。暴力が日常茶飯事の家庭で育ち、子供の頃に虐待を受けていたことを明かしている[1]。中学校時代に惨めな思いをして過ごしたため、GEDを受けて合格し、高校を完全にスキップした[2]フランスパリに17歳の時に留学した後はサンフランシスコ・ベイエリアに戻り[3]、最終的にサンフランシスコ州立大学を卒業した[4]

その後は1984年カリフォルニア大学バークレー校ジャーナリズム修士号を取得し[5]1988年からフリーランスのライターとして働くようになった[6]

経歴[編集]

活動[編集]

『Savage Dreams』で述べているようにソルニットは1980年代後半から環境問題人権問題に取り組んだ。1990年代初頭には「ウェスタン・ショショーニ族英語版の保護プロジェクト」に加わり、2001年以降は反戦運動に参加した[7]

ソルニットの著作は印刷物のみならず、ハーパーズ・マガジン英語版トム・エンゲルハート英語版が運営するウェブサイト「Tomdispatch.com」も含めたオンライン上でも多数確認することが出来る[8]

『災害ユートピア』(2009年)は1989年のロマ・プリータ地震で被災した経験が契機となり、1906年のサンフランシスコ地震1917年のハリファックス大爆発1985年のメキシコ地震2001年の9・11テロ2005年のハリケーン・カトリーナなどを取材・研究して書かれたものであり、これらの災害時のいずれにおいても、人々が意外にも冷静に行動し、なおかつお互いに助け合う即席の「ユートピア」が形作られているという共通点を見出している[9]

自身の作品に影響を与えた人物としてエドゥアルド・ガレアーノパブロ・ネルーダガブリエル・ガルシア=マルケスヴァージニア・ウルフアリエル・ドーフマン英語版エレナ・ポニアトウスカ英語版の名を挙げている[7]

評価[編集]

グッゲンハイム奨励金英語版全米芸術基金英語版(NEA)の2つの文学奨励金、ラナン文学賞英語版の文学奨励金を授与されている[10]

また、数多くある著作の中でもRiver of Sadows英語版2003年)が大変評価されており、全米批評家協会賞「批評部門」(2003年)[11]ハーバード大学が贈るマーク・リントン歴史賞英語版(2004年)を授与されている[12]

流行語[編集]

ソルニットは「マンスプレイニング」(Mansplaining)という有名なかばん語が発明されるきっかけを作ったと言われている。ロサンゼルス・タイムズが運営するウェブサイト上で2008年4月に公開された彼女のエッセイ「Men Explain Things to Me[13]」(男は私にものを解説してくる)の中では、パーティー会場で声を掛けてきた男性が彼女が著者であることを知らずに、彼女の最新作の内容について得意げに彼女に解説してきたという体験談が紹介されている。このエッセイの内容は分かっているようなことを上からの物言いで男性から解説された経験がこれまでにある多くの女性から共感を呼び、その後にオンライン上ではこのような男を指す「マンスプレイニング」という言葉が生まれ、急速に広まっていった[14]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Caitlin D. (2014年9月4日). “Why Can’t I Be You: Rebecca Solnit” (英語). Rookiemag.com. p. 2. 2015年4月26日閲覧。
  2. ^ Caitlin D. (2014年9月4日). “Why Can’t I Be You: Rebecca Solnit” (英語). Rookiemag.com. p. 1. 2015年4月26日閲覧。
  3. ^ Leilani Clark (2012年4月11日). “Rebecca Solnit's reimagined literature” (英語). Bohemian.com. 2015年4月26日閲覧。
  4. ^ Heidi Benson (2004年6月13日). “Move Over, Joan Didion / Make room for Rebecca Solnit, California's newest cultural historian” (英語). SFGate.com. 2015年4月26日閲覧。
  5. ^ Meet Our Alumni” (英語). Berkeley.edu. 2010年6月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年4月26日閲覧。
  6. ^ Rebecca Solnit” (英語). TUPress.org. 2015年4月26日閲覧。
  7. ^ a b Astra Taylor. “Rebecca Solnit” (英語). Bombmagazine.org. 2015年4月26日閲覧。
  8. ^ Tom Engelhardt. “Rebecca Solnit” (英語). TomDispatch.com. 2015年4月26日閲覧。
  9. ^ Rebecca Solnit (2009年9月23日). “A Paradise Built in Hell: The Extraordinary Communities That Arise in Disaster” (英語). Powells.com. 2015年4月26日閲覧。
  10. ^ Rebecca Solnit” (英語). OccupyLove.org. 2015年4月26日閲覧。
  11. ^ All Past National Book Critics Circle Award Winners and Finalists” (英語). BookCritics.org. 2015年4月26日閲覧。
  12. ^ J. Anthony Lukas Prize Project” (英語). Harvard.edu. 2015年4月26日閲覧。
  13. ^ Rebecca Solnit (2008年4月13日). “Men who explain things” (英語). LATimes.com. 2015年4月26日閲覧。
  14. ^ Lily Rothman (2012年11月1日). “A Cultural History of Mansplaining” (英語). TheAtlantic.com. 2015年4月26日閲覧。

外部リンク[編集]