レプライザル (空母)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
レプライザルから転送)
Jump to navigation Jump to search

レプライザル (USS Reprisal, CV-35) は、アメリカ海軍エセックス級航空母艦。未成艦。「Reprizal(報復)」の名を持つ艦としては、アメリカ独立戦争大陸軍が使用した帆船に続いて2隻目。

艦歴[編集]

レプライザルはニューヨークニューヨーク海軍造船所で1944年7月1日に起工したが、1945年8月12日、およそ50%の状態で建造が取りやめられた。

1946年、レプライザルの船体は式典もなく進水し、チェサピーク湾において様々な実験で使用された。1948年4月1日には爆破試験が行われた。1949年1月に攻撃空母として完成させるための検査が行われたが、計画は中止された。レプライザルは1949年8月2日にメリーランド州ボルティモアのボストン・メタル株式会社に売却され、1949年11月に解体された。

登場作品[編集]

犯罪捜査官 ネイビーファイル
レプライザルが1997年時点で就役中であるという設定で登場。レプライザルの登場場面では、フォレスタル級航空母艦フォレスタル」が撮影に使用された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]