レヌクマリ・ヤーダブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

レヌクマリ・ヤーダブ(Renu Kumari Yadav)はネパール女性政治家プラチャンダ内閣文部大臣マデシ人権フォーラム 所属。

はじめは保守政党国家民主党に属し、1999年下院議員選挙サプタリ郡第3選挙区で当選している。2002年、党中央委員に選出。スーリアバハドゥール・タパ内閣のもとで2003年6月女性子供社会問題担当大臣に就任している。タパが国家民主党を離党してラスティリア・ジャンシャクティ党(RJP)を組織すると、それに参加。

2008年2月マデシ運動に参加するためRJPを離党。2008年4月10日制憲議会選挙ではマデシ人権フォーラムの候補としてサプタリ郡第4選挙区から立候補して当選している。

8月15日首班指名ではマデシ人権フォーラムはプラチャンダに投票し、その結果、プラチャンダは圧勝した。ヤーダブは党内から文部大臣に推薦され、入閣した。