レナ・ソーダバーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
レナ・ソーダバーグ
Lena Söderberg
プロフィール
別名義 Lenna Sjööblom
生年月日 1951年3月31日
現年齢 71歳
出身地  スウェーデン
公称サイズ(1972年[1]の時点)
身長 / 体重 168 cm / 50 kg
BMI 17.7
スリーサイズ 86 - 66 - 91 cm
活動
他の活動 『プレイボーイ』に掲載されたグラビア写真(レナ)の画像標準データとしての使用
モデル: テンプレート - カテゴリ

レナ・ソーダバーグ(Lena Söderberg、1951年3月31日 - )は、スウェーデン出身のモデルで、『プレイボーイ』誌の1972年11月号にレナ・ショブロム[1](Lenna Sjööblom)の名前でプレイメイトとして登場している[2]。このセンターフォールドの写真は、ドワイト・フッカーによって撮影された。この画像は後にデジタル画像処理の分野における標準テスト画像となり、その画像は「レナ」(Lenna)として知られている。

生涯[編集]

レナ・ショブロムは出生時の名前であり、プレイメイトとなったときにはレナ・ソーダバーグと名乗っていた。スウェーデン語に従えばレーナ・セーデルベリとなるが、英語読みのレナ・ソーダバーグの方が有名である。2度めの結婚後はレーナ・フォセーン(Lena Forsén (スウェーデン語発音: [leːˈna fʊˈʂeːn]))と名乗っている[3]

モデル[編集]

スウェーデンの高校を卒業した後、親戚の家でオペアとして働くためにアメリカに渡った。1971年に結婚し、イリノイ州シカゴに移り住んだ。結婚したばかりで生活費の捻出に苦労していたことから、夫の勧めでモデルとしての仕事をするようになった。1972年には、『プレイボーイ』誌11月号のセンターフォールドを飾った[3]

その後、グリーンカードを取得して最初の夫と離婚し、別の男性と付き合うようになった。『プレイボーイ』のヒュー・ヘフナーからプレイボーイ・マンション英語版に来るよう勧められたが、これを断り、恋人とともにニューヨーク州ロチェスターに移り住んだ。そして、コダックのモデルとなり、写真の肌色のバランスを取るためのカラーリファレンスカード「シャーリーカード」に使用されたほか、製品広告やカタログ、取扱説明書など、コダックの出版物に数多く登場した。また、副業としてバーテンダーをしていた[3]

「レナ」[編集]

レナ」(Lenna)と呼ばれる、『プレイボーイ』誌に掲載された彼女のセンターフォールドの肩から上の部分をトリミングした画像は、デジタル画像処理のアルゴリズムをテストするのによく使われる標準的なテスト画像となっている[4]。『プレイボーイ』の写真のスキャンが遍在していることから、彼女は「インターネットのファーストレディ」と呼ばれている[5][6]

1997年に開催されたイメージング科学技術学会英語版(IS&T)の第50回年次大会にゲストとして参加し、自分自身についてのプレゼンテーションを行った[7]

2019年1月、より良い報酬を得られれば良かったと思いつつも「あの写真をとても誇りに思っている」とインタビューで語っている[3]。一方で、同年11月に北米で公開された『Losing Lena』という「レナ」画像の使用の中止を呼びかける短編ドキュメンタリーの中では、「私はずっと前にモデルを引退しました。そろそろ技術からも引退したいと思います」と語っている[8]

モデル引退後[編集]

その後、スウェーデンに帰国し、現在はセーデルテリエに住んでいる[3]

1997年には、政府機関で障害者の従業員を監督し、コンピュータとスキャナを使ってデータをアーカイブする仕事をしていた[9][10]

私生活[編集]

2度結婚し、子供が3人いるほか、孫が多数いる[3]。息子の一人は技術系の仕事をしており、母の画像のことも知っているという[3]

脚注[編集]

  1. ^ 『プレイメイト312—Playboy日本版特別編集』集英社、1980年1月。全国書誌番号:80020487ASIN B000J89PD6 における表記
  2. ^ “Playmate of the Month”. Playboy Magazine. (November 1972). 
  3. ^ a b c d e f g Kinstler, Linda (2019年1月31日). “Finding Lena, the Patron Saint of JPEGs”. Wired. ISSN 1059-1028. https://www.wired.com/story/finding-lena-the-patron-saint-of-jpegs/ 2019年11月29日閲覧。 
  4. ^ Hutchison, Jamie (May–June 2001). “Culture, Communication, and an Information Age Madonna”. IEEE Professional Communication Society Newsletter' 45 (3). http://www.lenna.org/pcs_mirror/may_june01.pdf. 
  5. ^ Playboy photo shrunk to hair size”. BBC News (2012年8月14日). 2020年6月10日閲覧。
  6. ^ Playboy Newsdesk - Lena”. 2019年1月21日閲覧。
  7. ^ Imaging Experts Meet Lenna in Person.
  8. ^ Kibbe, Kayla (2019年12月3日). “How a Nude 'Playboy' Photo Became a Fixture in the Tech World”. Inside Hook. https://www.sfgate.com/news/article/How-a-Nude-Playboy-Photo-Became-a-Fixture-14878319.php 
  9. ^ Newsdesk - THE SEARCH FOR LENA: Discovering one Playmate's role in the history of the Internet”. Playboy. 1997年7月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月19日閲覧。
  10. ^ THE "LENA IMAGE" COMES TO LIFE”. Playboy (1997年5月). 1997年7月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月19日閲覧。

外部リンク[編集]

先代
シャロン・ヨハンセン英語版
プレイメイト
1972年11月
次代
マーシー・ルーニー英語版