レドニッツヘムバッハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
DEU Rednitzhembach COA.svg Lage des Landkreises Roth in Deutschland.png
基本情報
連邦州: バイエルン州
行政管区: ミッテルフランケン行政管区
郡: ロート郡
緯度経度: 北緯49度18分 東経11度04分
標高: 海抜 327 m
面積: 13.01 km2
人口:

6,834人(2015年12月31日現在) [1]

人口密度: 525 人/km2
郵便番号: 91126
市外局番: 09122
ナンバープレート: RH
自治体コード: 09 5 76 137
行政庁舎の住所: Rathausplatz 1
91126 Rednitzhembach
公式ウェブサイト: www.rednitzhembach.de
首長: イュルゲン・シュパール (Jürgen Spahl、無所属)
郡内の位置
Rednitzhembach in RH.svg

レドニッツヘムバッハ (Rednitzhembach) は、ドイツ連邦共和国バイエルン州ミッテルフランケンロート郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)。ニュルンベルクフュルトの都市圏とフランケン湖水地方を結ぶ軸の南に位置する。

地理[編集]

自治体の構成[編集]

この町は、公式には8つの地区 (Ort) からなる[2]。このうち小集落や孤立農場などを除く集落を以下に列記する。

  • イーゲルスドルフ
  • プレッケンドルフ
  • レドニッツヘムバッハ
  • ウンターマインバッハ
  • ヴァルパースドルフ

河川[編集]

レドニッツ川ライン=マイン運河がレドニッツヘムバッハを貫いて流れている。ヘムバッハ川(東から)とマインバッハ川(西から)がレドニッツ川に合流する。

行政[編集]

紋章[編集]

図柄:上下二分割。上部は黒字で銀の水車の上半分が描かれている。下部は、銀と赤に左右二分割。それにかぶせるように青い波帯。

レグニッツ川沿いの町であることを青い波帯が示している。また、レドニッツヘムバッハの製粉業の重要性を半分の水車が表現している。ニュルンベルクの都市貴族ベーハイム・フォン・シュヴァルツェンバッハがこの地を所領としていたため、その紋章(銀と赤の左右二分割)が町の紋章にも取りこまれている。さらに白と黒の色合いはブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯との関係をも示している。

友好都市[編集]

文化[編集]

  • 芸術遊歩道

経済と社会資本[編集]

交通[編集]

自動車
レドニッツヘムバッハは、アウトバーンA6号および連邦道B2号線近くに位置する。
鉄道
レドニッツヘムバッハには、町の中心からほど近い場所にSバーンの駅がある。この路線は3組の線路からなっており、うち1本はロートおよびニュルンベルク中央駅のどちら行きの列車も利用できるようになっている。
バス
661系統:シュヴァーバッハ駅–フォーゲルヘルト=ファルベンホルツ–プレッケンドルフ–ファルベンホルツ–シュヴァーバッハ駅
676系統:シュヴァーバッハ–レドニッツヘムバッハ–シュヴァンシュテッテンヴェンデルシュタイン
604系統:ロート–シュヴァント–ヴェンデルシュタイン–レッテンバッハ
675系統レドニッツヘムバッハ駅–ヴァルパースドルフ–ウンターマインバッハ–レドニッツヘムバッハ駅

メディア[編集]

唯一の地元日刊紙は、シュヴァーバッヒャー・タークブラット (Schwabacher Tagblatt) である。これはシュヴァーバッハにある地域指向の編集を行っている新聞である。この他にニュルンベルク・ナハリヒテン (Nürnberger Nachrichten) も多く購読されている。

引用[編集]

参考文献[編集]

  • Martin Schieber: Rednitzhembach. Ein Streifzug durch die Jahrhunderte. Rednitzhembach 2002.
  • Sibylla Hauser : "Kriegsjahre in unserem Dorf " (Rednitzhembach im zweiten Weltkrieg, mit s/w Abbildungen)1997

(以上は、ドイツ語版の参考文献として挙げられていたものであり、日本語版作成に際し、直接参照はしておりません。)