レディー・ソヴァリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Lady Sovereign
ピンクのTシャツと黒のスキニージーンズを着て、サングラスと野球帽をかぶり、ボブの髪型でマイクに向かって歌っている女性
2009年
基本情報
別名 SOV、Big Midget
出身地 イギリスの旗 イギリスロンドンウェンブリー
ジャンル HIPHOPUKガレージグライム
職業 ラッパーソングライター
活動期間 2001年2010年
レーベル
共同作業者
公式サイト ladysovereign.co.uk

レディー・ソヴァリン(英語:Lady Sovereign)はイギリスラッパーソングライター。「9 to 5」や「Love Me Or Hate Me」という曲で知られている。本名はルイーズ・アマンダ・ハーマン(英語:Louise Amanda Harman)[1]

きっかけ[編集]

ロンドンウェンブリー・パークにあるチョークヒル・エステートで育った[2][3]。2010年、彼女は「When I heard Ms. Dynamite's track 'Boooo!' in 2001 it inspired me. I hadn't heard a female MC before that. She's real. Her presence, her image, the way she does everything... she opened so many doors for us girls, MCs are real, they write their own stuff, they rap about what they know, the stuff around them.」と述べている[4]

15歳の時に様々な音楽サイトに自分の曲をアップロードし始めた。2006年にニューズウィーク誌に語ったところによると、当初寄せられたコメントは批判的な内容だったという旨を語っている[5]。2004年にユニバーサル ミュージック グループと契約した。数々のソロレコードをリリースし、ベースメント・ジャックスザ・ストリーツディジー・ラスカルD12オービー・トライスの前座を務めた[2]

経歴[編集]

2005年 - 2006年:初期のシングルとEP[編集]

2006年 – 2009年:Public Warning(曲名)[編集]

2009年 – 2012年: Jigsaw(曲名)[編集]

テレビやCMへの出演[編集]

論争[編集]

私生活[編集]

イギリスで行われたレディング・フェスティバルにて(2006年)

ディスコグラフィ[編集]

脚注[編集]

関連リンク[編集]

  1. ^ Braddock, Kevin (2004年2月24日). “Partners in Grime”. The Independent (London: Independent News & Media). https://www.independent.co.uk/arts-entertainment/music/features/partners-in-grime-570429.html 2010年6月23日閲覧。 
  2. ^ a b “Lady Sovereign Biography Music and News”. Ask Men. 21 August 2016時点におけるアーカイブ。. エラー: |archivedate=を指定した場合、|archiveurl=の指定が必要です。. http://www.askmen.com/celebs/women/singer_300/331_lady_sovereign.html. 
  3. ^ About Lady Sovereign”. MTV.com. Viacom. 2021年4月28日閲覧。
  4. ^ Braddock, Kevin (2004年2月24日). “Partners in Grime”. The Independent (London: Independent News & Media). https://www.independent.co.uk/arts-entertainment/music/features/partners-in-grime-570429.html 2010年6月23日閲覧。 
  5. ^ Lorraine Ali (30 October 2006). “Homegirl From London”. Newsweek. 11 October 2011時点におけるアーカイブ。. エラー: |archivedate=を指定した場合、|archiveurl=の指定が必要です。. http://www.thedailybeast.com/newsweek/2006/10/29/homegirl-from-london.html 2011年8月14日閲覧。.