レディーミクストコンクリート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レディーミクストコンクリート(英語:ready-mixed concrete)は、製造法によるコンクリートの種類で、工場練り混ぜをしてから打設現場に運送するコンクリートである。

JIS A 5308でレディーミクストコンクリートとして規定されている。生コンクリート生コンと呼ばれる。レミコン太平洋セメント登録商標である[1]

レミコンに対し、現場で練り混ぜをする方法を(打設から見て)現場練りや(練り混ぜから見て)直送などと呼ぶ。

製造[編集]

練り混ぜとは、セメント骨材砂利)、混和剤などを配合し混ぜる工程である。レミコンはこの工程を工場で行ってから、打設現場に運送される。

工場へは、骨材はダンプトラックなどで入荷する。材の採取所のそばに工場があることも多い。骨材はふるい(ホッパ)により種類ごとに種別され、容器(サイロ、貯蔵ビンなどと呼ばれる)に貯蔵される。

材料を調合しコンクリートを作る設備はバッチャープラントと呼ばれる。上から材料が投入され、下るに従い次のようにコンクリートが出来上がる。

  • 材料はベルトコンベアで上から投入される。
  • 材料は種類ごとに貯蔵され、計量しミキサーに投入する。
  • ミキサーで練り混ぜられる。
  • 生コンクリートとして取り出され、車両に積み込まれる。

運送[編集]

レミコンの運送には、途中で分離や凝結が起こらないよう、アジテータトラック(ミキサー車)で混ぜながら輸送する。ミキサーでも凝結を完全に防げるわけではなく、90分以内に現場へ到着をしなければならない。

種類[編集]

  • 普通コンクリート
  • 軽量コンクリート
  • 舗装コンクリート

品質[編集]

レミコンの品質は、荷卸時点でチェックされる。JISでは強度スランプ空気量塩化物含有量が規定されている。

[編集]

  1. ^ 登録番号第602090号

関連項目[編集]