レディ・ジェーン・グレイの処刑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
『レディ・ジェーン・グレイの処刑』
: Le Supplice de Jane Grey
: The Execution of Lady Jane Grey
PAUL DELAROCHE - Ejecución de Lady Jane Grey (National Gallery de Londres, 1834).jpg
作者 ポール・ドラローシュ
製作年 1833年
種類 油彩カンヴァス
寸法 246 cm × 297 cm (97 in × 117 in)
所蔵 ナショナル・ギャラリーロンドン

レディ・ジェーン・グレイの処刑』(レディ ジェーン グレイのしょけい、: Le Supplice de Jane Grey, : The Execution of Lady Jane Grey)は、ポール・ドラローシュ1833年に描いた絵画[1]。『ジェイン・グレイの処刑』とも[2]

作品[編集]

サテンの純白のドレスを身にまとった若い女性、ジェーン・グレイが布で目隠しをされ、傍らにいる中年の司祭に導かれて、鉄輪がはめられ床に固定された小さな台に手を伸ばしている[3][4][5]。画面右側では男は死刑執行人であり、大きなを手にしている[3][4]。ジェーンは、自らの首を置く斬首台を探しているのである[3][4]。髪の毛は刃が滑らないようにまとめられ、首を出すため、襟は大きく広げられている[6]。台の下には、血を吸うためにが敷かれている[6]。左側で、円柱にすがりつき、背中を見せて泣く侍女の傍では、もうひとりの侍女が失神しかけており、その膝には、直前までジェーンが身につけていたマント宝石類が置かれている[7]

ジェーン・グレイは、1553年7月10日イングランド史上初の女王となるも、わずか9日後にメアリー1世によって廃位させられ、その7か月後、16歳4か月の若さで処刑されたことで知られる[7][8][9]。作品では宮殿地下牢と思われる場所が描かれているが、史実によるとジェーンはロンドン塔の屋外にある、タワー・グリーンと呼ばれる広場で処刑された[4][10][11]

来歴[編集]

1833年に完成した本作は翌年、パリのサロンに出品されて大きな人気を獲得し、ドラローシュの出世作となった。ロシア人富豪が購入したことにより一時的に人々の記憶から消えるが、1870年にイギリス人が手に入れ、1902年ナショナル・ギャラリーに寄贈され、分館であったテート・ギャラリーで展示される[12][13]ロンドンに留学した小説家の夏目漱石が本作をナショナル・ギャラリーで鑑賞し、その印象に基づいた想像を短編小説『倫敦塔』に書きつづっている[3]1928年1月7日テムズ川の氾濫によってギャラリーの地下が浸水し、他の作品とともに行方不明となるが、1973年、若い学芸員が保管庫から無傷で発見する[8][12][13]2017年に開催された「怖い絵」展で初来日する[8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 目隠しをされた16歳の少女は――想像すると「怖い絵」5選”. AERA dot. (2017年9月16日). 2018年10月13日閲覧。
  2. ^ 作品《ジェイン・グレイのための習作―ルネサンスの衣裳をまとった1人の男と2人の女》”. ルーヴル美術館. 2018年10月13日閲覧。
  3. ^ a b c d 澤田瞳子 (2017年8月21日). “最初は「美しい」と思い…意味を知ることで引き起こされる重層的な「恐怖」 作家・澤田瞳子さん寄稿”. 産経新聞社. 2018年10月13日閲覧。
  4. ^ a b c d 岡部伸 (2017年10月5日). “〝ブラッディ・マリー〟が最初に処刑した「イングランド初の女王」 劇的、謎深まる悲劇のヒロイン…「レディ・ジェーン・グレイの処刑」 2/3”. 産経新聞社. 2018年10月13日閲覧。
  5. ^ 『怖い絵 泣く女篇』 2011, p. 9.
  6. ^ a b 中野京子 (2017年10月7日). “大ベストセラーシリーズ『怖い絵』がついに展覧会に!「レディ・ジェーン・グレイの処刑」も公開”. 講談社. 2018年10月13日閲覧。
  7. ^ a b 『怖い絵 泣く女篇』 2011, p. 8.
  8. ^ a b c 怖い絵展”. 兵庫県立美術館 (2017年7月10日). 2018年10月13日閲覧。
  9. ^ デジタル大辞泉プラスの解説”. コトバンク. 2018年10月13日閲覧。
  10. ^ 『怖い絵 泣く女篇』 2011, p. 12.
  11. ^ 『ヨーロッパの古城と宮殿』 2012, p. 24.
  12. ^ a b 岡部伸 (2017年10月5日). “〝ブラッディ・マリー〟が最初に処刑した「イングランド初の女王」 劇的、謎深まる悲劇のヒロイン…「レディ・ジェーン・グレイの処刑」 3/3”. 産経新聞社. 2018年10月13日閲覧。
  13. ^ a b kowaie_tenのツイート(884601681547206656)

参考文献[編集]

  • 中野京子『怖い絵 泣く女篇』KADOKAWA角川文庫〉、2011年。ISBN 978-4-04-394002-8
  • 藤井信行『ヨーロッパの古城と宮殿 戦乱・悲劇・繁栄の記憶を伝える76城』新人物往来社〈ビジュアル選書〉、2012年9月。ISBN 978-4-404-04247-7