コンテンツにスキップ

レッド・ノーティス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
レッド・ノーティス
Red Notice
監督 ローソン・マーシャル・サーバー
脚本 ローソン・マーシャル・サーバー
製作
出演者 ドウェイン・ジョンソン
ライアン・レイノルズ
ガル・ガドット
音楽 スティーブ・ジャブロンスキー
撮影 マーカス・フェルデラー
編集 マイケル・L・セール
製作会社
配給 Netflix
公開 2021年11月12日
上映時間 118分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 2億ドル[1]
興行収入 125-150万ドル(推定)[2]
テンプレートを表示

レッド・ノーティス』(原題:Red Notice)は、2021年アメリカ合衆国アクションコメディスリラー映画。ドウェイン・ジョンソンガル・ガドットライアン・レイノルズが出演する。ローソン・マーシャル・サーバーが執筆し、監督する本作は、『セントラル・インテリジェンス』と『スカイスクレイパー』に続くジョンソンとサーバーの3度目のコラボ。ユニバーサル・ピクチャーズは配給権を購入し、2020年11月13日に公開する予定だった。しかし、2019年7月8日、Netflixが配信することになった[3]

ストーリー

[編集]

国際犯罪の世界では、INTERPOL国際手配/Red Noticeを発行したことで、世界で最も指名手配された芸術泥棒を捕まえるために、世界的な警告が発せられる[4]

キャスト

[編集]

※括弧内は日本語吹替。

FBI特別捜査官。美術品犯罪専門のプロファイラー。
世界最高の美術品泥棒。
世界最高の詐欺師。
インターポール捜査官。
世界的な武器商人
  • タンブウェ - Ivan Mbakop
ブースの仲間

その他の吹替キャスト:大塚明夫(ナレーター役)、高瀬右光最上嗣生上田燿司奈良徹池田果奈子櫻井トオル

日本語版スタッフ

[編集]
  • スタジオ:Glovision Inc.
  • 演出:本吉伊都子
  • 翻訳:野口尊子
  • 調整:Formosa Group
  • 録音:安部雅博、東田直子、大石好誠、磯田沙夜
  • 制作進行:谷山大樹

日本語字幕:益江貴子

製作

[編集]

企画

[編集]

2018年2月8日、映画(ドウェイン・ジョンソンと作家兼監督のローソン・マーシャル・サーバーのアクションコメディー)は、権利を争う主要なスタジオで構成される競争入札の一環として開発された。ユニバーサル・スタジオ、ワーナー・ブラザース映画、パラマウント映画レジェンダリー・ピクチャーズNetflixソニー・ピクチャーズ エンタテインメントと全ての映画会社が検討された。$125~150ミリオン規模の映画は、フリン・ピクチャー・カンパニーを通じてボー・フリンによって製作される。ジョンソンとダニー・ガルシア、ハイラム・ガルシアは、セブン・バックス・プロダクションを通じて製作に関与し、ウェンディ・ヤコブソンは製作総指揮として、サーバーの会社バッド・バージョン社と共に関与する[9]。 2018年2月9日、UniversalとLegendaryが権利を獲得するための競争入札に勝利したことが発表された。ジョンソンには、この映画で初めて少なくとも2000万ドルを支払われることが確認された[10]

配役

[編集]

ガル・ガドットが2018年6月11日に出演することが確認された[11]ライアン・レイノルズは、2019年7月8日に追加された[3]。 Ritu Aryaとクリス・ディアマントポロスが2020年2月10日に追加された[12]

撮影

[編集]

主要撮影は、2020年1月3日、ジョージア州アトランタで始まった[13] [14]。 映画の制作自体は、ジョンソンが『ジュマンジ/ネクスト・レベル』の制作を終えた後、2019年4月には開始されると予想されていた[15]。 2019年7月8日、撮影は2020年初めに始めるために遅れることになった[3]イタリアで予定されていた撮影は、イタリア国内でCOVID-19の流行がより顕著になったため、キャンセルされた[16][17]。 3月14日、世界的流行により制作が休止されたと発表された[18]

アカデミー賞を受賞した視覚効果アーティストのリチャード・R・フーバー(代表作:ブレードランナー2049)が、本作の全体的な視覚効果担当となる[19]

音楽

[編集]

2020年2月26日、スティーブ・ジャブロンスキーが『Red Notice』の作曲家として起用されたことが発表された。ジャブロンスキーは以前、2018年に『スカイスクレイパー』でローソン・マーシャル・サーバー監督とタッグを組んでいた[20]

公開

[編集]

ユニバーサルは当初、2020年6月12日に映画の公開を予定していた[21]。しかし、日付は5か月後の2020年11月13日に移動された[22]。その後、プロジェクト自体は2019年7月8日にNetflixに移った[23]。2021年11月12日、Netflixにより全世界で配信された。

評価

[編集]

Rotten Tomatoesでは映画批評家が36%の支持評価となった[24]

配信から10日間で2億7790万時間の視聴を記録し、Netflixの英語映画の歴代人気ランキング第2位にランクインし、公開28日間の視聴時間第1位である『バード・ボックス』の2億8200万時間を上回るペースで、公開28日間でNetflixで最も視聴された映画となる見込みであると報じられた[25]

参考文献

[編集]
  1. ^ Dwayne Johnson Eyes $20M Payday for Action Thriller 'Red Notice' (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. 2018年2月7日閲覧。
  2. ^ Dwayne Johnson Eyes $20M Payday for Action Thriller 'Red Notice' (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. 2018年2月7日閲覧。
  3. ^ a b c Netflix Takes ‘Red Notice’; Ryan Reynolds Joins Dwayne Johnson & Gal Gadot In Rawson Marshall Thurber-Directed Global Heist Film
  4. ^ a b https://www.instagram.com/p/B7kic2QF7PR
  5. ^ a b c ドウェイン&レイノルズ&ガドット競演『レッド・ノーティス』吹替声優が決定、楠大典&加瀬康之&甲斐田裕子がカムバック”. THE RIVER (2021年10月29日). 2021年12月6日閲覧。
  6. ^ a b c 楠大典、甲斐田裕子、加瀬康之『レッド・ノーティス』日本版声優に決定”. シネマトゥデイ (2021年10月29日). 2021年10月29日閲覧。
  7. ^ a b 『レッド・ノーティス』感想(ネタバレ)”. シネマンドレイク (2021年11月15日). 2021年12月6日閲覧。
  8. ^ Shillcock, Francesca (2021年11月12日). “Fans are saying the same thing about Ed Sheeran's surprise cameo in Red Notice”. Hellomagazine. 2021年11月13日閲覧。
  9. ^ Dwayne Johnson Eyes Big Payday for Action/Comedy Red Notice”. Screen Rant. 2018年2月8日閲覧。
  10. ^ Universal, Legendary Land 'Red Notice' After Ferocious Auction For Dwayne Johnson Vehicle”. Deadline. 2018年2月9日閲覧。
  11. ^ Gal Gadot to Star in Dwayne Johnson's Action-Comedy 'Red Notice'”. Variety. 2018年6月11日閲覧。
  12. ^ ‘Red Notice’: ‘The Umbrella Academy’s Ritu Arya, Chris Diamantopoulos Join Dwayne Johnson In Netflix Thriller
  13. ^ Dwayne Johnson’s ‘Red Notice’ Atlanta Extras Casting Call for Prisoners”. Project Casting (2020年1月3日). 2020年1月13日閲覧。
  14. ^ Dennis (2019年12月16日). “Casting Call: Upcoming Netflix drama 'Red Notice' hiring actors”. 11alive.com. 2020年1月13日閲覧。
  15. ^ Gal Gadot Teaming with Dwayne Johnson for Actioner 'Red Notice'”. Collider. 2018年6月11日閲覧。
  16. ^ M:I続きレッド・ノーティスもイタリアでロケ中止”. 日刊スポーツ (2020年3月4日). 2020年7月17日閲覧。
  17. ^ Coronavirus Prompts Netflix To Explore Options Outside Of Italy For Dwayne Johnson’s ‘Red Notice’
  18. ^ Bennett (2020年3月14日). “Netflix Film ‘Red Notice’ Temporarily Halts Production Over Coronavirus”. Deadline Hollywood. 2020年3月15日閲覧。
  19. ^ Frei (2020年2月18日). “6 Underground: Richard Hoover – Overall VFX Supervisor – Netflix”. 2020年3月3日閲覧。
  20. ^ Steve Jablonsky to Score Rawson Marshall Thurber’s ‘Red Notice’”. Film Music Reporter (2020年2月26日). 2020年3月3日閲覧。
  21. ^ Dwayne Johnson's Action-Thriller 'Red Notice' Gets 2020 Release Date”. Variety. 2018年3月16日閲覧。
  22. ^ Dwayne Johnson Action-Thriller 'Red Notice' Heads To November 2020”. Deadline. 2018年11月8日閲覧。
  23. ^ Fleming (2019年7月8日). “Netflix Takes ‘Red Notice’; Ryan Reynolds Joins Dwayne Johnson & Gal Gadot In Rawson Marshall Thurber-Directed Global Heist Film”. Deadline Hollywood. 2020年2月7日閲覧。
  24. ^ Red Notice”. Rotten Tomatoes. 2021年12月6日閲覧。
  25. ^ 「レッド・ノーティス」Netflix視聴時間歴代1位の座が射程圏内に”. 映画.com (2021年11月25日). 2021年12月6日閲覧。

外部リンク

[編集]