レット・ミー・ビー・ゼア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レット・ミー・ビー・ゼア
Let Me Be There
オリビア・ニュートン=ジョンシングル
初出アルバム『If You Love Me, Let Me Know
B面 Maybe Then I'll Think of You(日本以外)
イフ・ノット・フォー・ユー (If Not for You)(日本盤)[1]
リリース
規格 7
ジャンル カントリー
ポップ
時間
レーベル フェスティバル・レコード英語版
作詞・作曲 ジョン・ロスティル
プロデュース ブルース・ウェルチ
ジョン・ファーラー英語版
ゴールドディスク
ゴールド(US:RIAA[2]
チャート最高順位
オリビア・ニュートン=ジョン シングル 年表
カントリー・ロード(故郷へ帰りたい)[1]
Take Me Home, Country Roads
(1973)
レット・ミー・ビー・ゼア
Let Me Be There

(1973)
青空の天使
Long Live Love
(1974)
テンプレートを表示

レット・ミー・ビー・ゼア」(Let Me Be There)は、ジョン・ロスティル英語版が書いたポピュラー音楽の楽曲。1973年に最初に吹き込んだオリビア・ニュートン=ジョンの録音は、同名のアルバム『Let Me Be There』に収録された。このカントリーの影響を受けた楽曲は、彼女にとってアメリカ合衆国における最初にトップ10入りしたヒット・シングルで、ポップ・チャートで最高6位に達し、1974年第16回グラミー賞において、彼女に最優秀女性カントリー・ヴォーカル・パフォーマンス賞英語版をもたらした[3]。この曲では、マイク・サムズ英語版低音(バス)ハーモニーを歌っている[4]

この曲は、イギリス生まれ、オーストラリア育ちだったオリビア・ニュートン=ジョンが、カントリー・ポップ歌手として[5]「一躍人気歌手とな」った出世作である[6]

チャート[編集]

チャート(1973年 - 1974年) 最高位
Australia (KMR) 11
Canadian RPM Top Singles 2
Canadian RPM Adult Contemporary Tracks 3
Canadian RPM Country Tracks 11
U.S. Billboard Hot 100 6
U.S. Billboard Hot Adult Contemporary Tracks 3
U.S. Billboard Hot Country Singles 7

おもなカバー[編集]

レット・ミー・ビー・ゼア」は、1977年に死去するまでエルヴィス・プレスリーが数多くのコンサートで歌い、ライブ録音も残されている。おそらく最も特筆されるエルヴィスによるカバーは、1974年3月20日テネシー州メンフィスで行なわれたコンサートのライブ録音であろう。このコンサートの大部分は、1974年7月7日にライブ・アルバム『ライヴ・イン・メンフィス (Elvis Recorded Live on Stage in Memphis)』としてリリースされた。このときの「レット・ミー・ビー・ゼア」の音源は、1977年7月19日にリリースされた、エルヴィスの生前最後のアルバム『ムーディ・ブルー』の5曲目にも収録された。

タニヤ・タッカー英語版は、ゴールドディスクに輝いた1974年のアルバム『Would You Lay with Me (In a Field of Stone)』でこの曲を取り上げており、その音源は、後のベスト盤などにもしばしば収録されている。

先代:
"The Happiest Girl In the Whole USA"
(Donna Fargo, 1973)
グラミー賞
最優秀女性カントリー・ヴォーカル・パフォーマンス賞

1974年
次代:
"Love Song"
アン・マレー、1975年)

脚注[編集]

  1. ^ a b シングルのリリース順は、米国におけるものを標準としている。日本では、1973年にはシングルでは発売されず、米国などでB面に収められていた「君ひとすじに (Maybe Then I'll Think Of You)」をA面、「メリー・スキフィントン (Mary Skeffington)」をB面に日本独自のシングル盤がリリースされた。「君ひとすじに」は1973年の第2回東京音楽祭参加曲であった。日本では「レット・ミー・ビー・ゼア」は翌年シングル化され、B面にはボブ・ディランジョージ・ハリスンに提供した「イフ・ノット・フォー・ユー英語版」が収録された。なお、米国で前作シングルにあたる「カントリー・ロード(故郷へ帰りたい)」も、1973年の段階ではシングル化されていない。
  2. ^ "American single certifications – Olivia Newton-John – Let Me Be There". Recording Industry Association of America. If necessary, click Advanced, then click Format, then select Single, then click SEARCH
  3. ^ Winners 1973 - 16th Annual GRAMMY Awards”. grammy.com. 2015年11月21日閲覧。
  4. ^ Morse, Ann; Keely, John (1976年3月1日). Olivia Newton-John. Creative Education. 
  5. ^ Olivia Newton-John biography”. Billboard. 2015年11月21日閲覧。 “Olivia Newton-John skillfully made the transition from popular country-pop singer to popular mainstream soft rock singer, becoming one of the most successful vocalists of the '70s in the process. … Although she was born in Cambridge, England, Newton-John was raised in Melbourne, Australia, ...”
  6. ^ 20世紀西洋人名事典『オリビア ニュートン・ジョン』 - コトバンク

外部リンク[編集]