レスラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
レスラ
Cercopithecus lomamiensis Female.jpg
保全状況評価[1][2]
ワシントン条約附属書II
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 霊長目 Primates
: オナガザル科 Cercopithecidae
亜科 : オナガザル亜科 Cercopithecinae
: オナガザル属 Cercopithecus
: レスラ C. lomamiensis
学名
Cercopithecus lomamiensis
Hart et al., 2012[3]
和名
レスラ[4]
英名
Lesula[4]
分布域
左図の左側の斜線部が本種の分布。左図右側の斜線部はフクロウグエノンの分布域。

レスラ(Cercopithecus lomamiensis)は、哺乳綱霊長目オナガザル科オナガザル属に分類される霊長類。

分布[編集]

コンゴ民主共和国(Lomami川西岸からTshuapa川東岸にかけてのLomami盆地)[3]

模式標本の産地(基準産地・タイプ産地・模式産地)はLomami川西岸[3]

形態[編集]

体長オス47 - 65センチメートル、メス(亜成獣)40 - 42センチメートル[3]。体重オス4 - 7.1キログラム、メス(亜成獣)3.5 - 4キログラム[3]。体型は華奢で、胴は長い[3]

顔の皮膚は裸出する[3]

分類[編集]

2007年にOparaで飼育されていた未知の霊長類のメスの幼獣が発見され、現地ではLesulaと呼称されていた[3]。分子系統推定ではフクロウグエノンCercopithecus hamlyni単系統群を形成するという解析結果が得られている[3]。フクロウグエノンとは2,800,000 - 1,700,000年前に分岐したと推定されている[3]

画像[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Appendices I, II and III<https://cites.org/eng>(Retrived 06/4/2018)
  2. ^ UNEP (2018). Cercopithecus lomamiensis. The Species+ Website. Nairobi, Kenya. Compiled by UNEP-WCMC, Cambridge, UK. Available at: www.speciesplus.net. (Retrived 06/9/2018)
  3. ^ a b c d e f g h i j John A. Hart, Kate M. Detwiler, Christopher C. Gilbert, Andrew S. Burrell, James L. Fuller, Maurice Emetshu, Terese B. Hart, Ashley Vosper, Eric J. Sargis, Anthony J. Tosi, "Lesula: A New Species of Cercopithecus Monkey Endemic to the Democratic Republic of Congo and Implications for Conservation of Congo’s Central Basin," PLoS ONE, Volume 7, Issue 9, 2012.
  4. ^ a b 日本モンキーセンター霊長類和名編纂ワーキンググループ 「日本モンキーセンター 霊長類和名リスト 2018年3月版」(公開日2018年3月30日・2018年4月6日閲覧)

関連項目[編集]