レザンアメリカンスクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レザンアメリカンスクール (Leysin American School) は、スイスのフランス語圏ヴォー州 (Vaud) の村レザンにあるボーディングスクールであり、インターナショナルスクールである。LASと略称される。

概要[編集]

1960年に Sigrid and Fred C. Ott によって創立された4年制の高等学校。日本でいう中学三年生から高校三年生にあたる。

理事長は、K. Steven Ott と Doris Ott (夫人)。校長は、Vlad Kuskovski。共学で寮制のエリート養成校であり、約300人の生徒が50を超える国々から集まる。生徒には、王族、外交官医師、富豪、著名人の息子や娘などがいる。

教育内容は、アメリカの高等学校のカリキュラムと、国際バカロレア資格取得のためのプログラムがある。教師一人あたり生徒が5~10人程の少人数制による教育が行なわれている。学業スポーツマンシップリーダーシップコミュニティサービス、ヨーロッパの中心という地形を生かしたグローバルな視野の育成などに重きを置いている。

卒業後は、ハーバード大学スタンフォード大学マサチューセッツ工科大学といった米国の大学や、ヨーロッパの大学へ進学する。尚、映画『ロッキー』の主演俳優シルベスター・スタローンがここの卒業生であると言われているが、実際は体育の奨学金を受けて体育教師として勤務していたらしい。(当時は、今は別の学校となっている American College in Switzerland と合併していた)。

校舎は昔サナトリウムであった歴史ある建物である。昭和期に活躍した小説家芹沢光治良結核のときに療養していたことでも知られる。

外部リンク[編集]