レオ (フィンランド大主教)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レオ大主教。リヤサを着用し、クロブークをかぶり、パナギアを胸にかけている。(2004年撮影)

大主教レオフィンランド語: arkkipiispa Leo、世俗の姓:マコネン Makkonen、1948年生)は、カレリアと全フィンランドの大主教であり、フィンランド正教会首座主教

経歴[編集]

1948年6月4日フィンランド東部のピエラヴェシPielavesi)に生まれる。1972年クオピオ神学校にて神学士号取得(1995年修士号取得)。1973年7月20日に輔祭叙聖され、その2日後に司祭に叙聖された。

1979年2月25日にはヨエンスー主教に叙聖される。1980年から1996年までの間はオウル府主教であり、1996年から2001年までの間はヘルシンキ府主教。2001年にカレリア大主教に着座した。

1979年から1994年まで聖セルゲイ・聖ヘルマン信徒会 (Pyhien Sergein ja Hermanin veljeskunta) の会長を務めた。

外部リンク[編集]