レオ・ライアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レオ・ジョセフ・ライアン・ジュニア
Leo Joseph Ryan, Jr.
Leo Ryan.jpg
生年月日 1925年5月5日
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネブラスカ州 リンカーン
没年月日 (1978-11-18) 1978年11月18日(満53歳没)
死没地 ガイアナの旗 ガイアナ バリマ・ワイニ州
ポート・カイトゥマ英語版
出身校 クレイトン大学大学院修了
前職 高校教師
所属政党 民主党
称号 マスター・オブ・サイエンス (クレイトン大学1951年)

選挙区 カリフォルニア州第11区
当選回数 3回
在任期間 1973年1月3日 - 1978年11月18日

選挙区 27区
在任期間 1962年 - 1972年

在任期間 1962年 - 1962年

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
サウスサンフランシスコ市市議会議員
在任期間 1956年 - 1962年
テンプレートを表示

レオ・ジョゼフ・ライアン・ジュニアLeo Joseph Ryan, Jr., 1925年5月5日 - 1978年11月18日)は、アメリカ合衆国政治家民主党所属。カリフォルニア州第11区選出の下院議員を1973年から1978年にガイアナ人民寺院の信者に殺されるまで務めた。

彼はサイエントロジー統一教会を早くに批判していた。

ライアンは職務中に殺害されたただ一人の連邦議会議員である。その死後、1983年に彼は議会名誉黄金勲章を授与された。

生い立ち[編集]

ネブラスカ州リンカーンに生まれた。幼少時、イリノイ州フロリダ州ニューヨーク州ウィスコンシン州マサチューセッツ州に住んでいた。1943年にネブラスカ州の高校を卒業すると、ベイツ大学で訓練を受け、同年から1946年までアメリカ海軍軍人として潜水艦に乗務した。

ネブラスカ州のクレイトン大学において1949年学士号(バチェラー・オブ・アーツ)を、1951年修士号(マスター・オブ・サイエンス)を取得した。高校で歴史教師として働いた後、1956年から1962年までサウスサンフランシスコ市議会議員を務めた。この間、1958年に25区からカリフォルニア州下院議員に出馬したが、共和党のルイス・フランシスに敗れた。

1962年にサウスサンフランシスコ市長に、次いで27区のカリフォルニア州下院議員に選出された。1972年に合衆国下院議員に当選した。

L・ロン・ハバードサイエントロジームン・ソンミョン統一教会といったカルト宗教団体を批判し、1973年11月3日にはジョン・ゴードン・クラークに破壊的カルトに関する健康被害について証言させた。このスピーチに先立って「カルト宗教によって改宗させられた若者やそのために子を失う被害に遭ったその親たち」が彼の最大の懸念であると述べた。

サミュエル・I・ハヤカワ上院議員とともにパトリシア・ハーストを支えた。

人民寺院[編集]

ジム・ジョーンズ率いる人民寺院が建設した町ジョーンズタウンにおいて信者に対する虐待や人権侵害があるという疑惑が浮上、元信者の父親ボブ・ヒューストンと親しかったライアンは調査に乗り出すこととなった。彼は自らのスタッフ、信者の家族や報道関係者を引き連れ、ジョーンズタウンを視察に訪れた。

4日後、ライアン一行は帰国希望者を連れてジョーンズタウンを去った。しかし、人民寺院の信者たちが一行を襲撃、ライアンら5人を殺害した。

ライアンの遺体はカリフォルニア州サンブルーノゴールデン・ゲート国立墓地に埋葬された。

また、フォスターシティには彼を記念したLeo J. Ryan Memorial Parkという公園がある。

関連項目[編集]

先代:
不明
サウスサンフランシスコ市議会議員
1956年 - 1962年
次代:
不明
先代:
不明
サウスサンフランシスコ市長
1962年
次代:
不明
先代:
グレン・E・クーリッジ
カリフォルニア州下院議員
1962年 - 1972年
次代:
ルー・パパン
先代:
ポール・N・マックロスキー・ジュニア
カリフォルニア州第11選挙区選出下院議員
1973年 - 1978年
次代:
ウィリアム・H・ホイヤー