レオ・バラッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レオ・バラッカー
: Leo Varadkar
: Leo de Varad
HANDSHAKE 2016-07-14 (28303482095) (cropped).jpg
生年月日 (1979-01-18) 1979年1月18日(42歳)
出生地 アイルランドの旗 アイルランド
ダブリンキャスルノック英語版
出身校 ダブリン大学トリニティ・カレッジ医学部卒業
前職 医師
現職
  • 副首相
  • 企業・貿易・雇用大臣
  • 国会議委員(TD)
  • 統一アイルランド党首
所属政党 フィナ・ゲール
配偶者 マシュー・バレット(非婚)
公式サイト レオ・バラッカー

アイルランドの旗 アイルランド
第26代 副首相
在任期間 2020年6月27日 - 現職
大統領 マイケル・D・ヒギンズ

アイルランドの旗 アイルランド
第35代 企業・貿易・雇用大臣
内閣 第32次内閣
在任期間 2020年6月27日 - 現職
大統領 マイケル・D・ヒギンズ

アイルランドの旗 アイルランド
Coat of arms of Ireland.svg 第14代 首相
内閣 第31次内閣
在任期間 2017年6月14日 - 2020年6月27日
大統領 マイケル・D・ヒギンズ

アイルランドの旗 アイルランド
第11代 統一アイルランド党首
在任期間 2017年6月2日 - 現職

アイルランドの旗 アイルランド
国会議員(TD)
選挙区 ダブリン・ウェスト
在任期間 2007年6月 - 現職

その他の職歴
アイルランドの旗 アイルランド
第29代 防衛大臣

2017年6月14日 - 2020年6月27日
アイルランドの旗 アイルランド
第23代 社会保護大臣

2016年5月6日 - 2017年6月14日
アイルランドの旗 アイルランド
第25代 保健大臣

2014年7月11日 - 2016年5月6日
アイルランドの旗 アイルランド
第21代 運輸・観光・スポーツ大臣

2011年3月9日 - 2014年7月11日
テンプレートを表示

レオ・エリック・バラッカー: Leo Eric Varadkar: Leo Eric de Varad1979年1月18日 - )は、 アイルランド政治家医師統一アイルランド党(フィナ・ゲール)所属の国会議員(ドイル・エアラン議員、TD)、統一アイルランド党党首(第11代)、防衛大臣(第42代)、社会保護大臣(第23代)、保健大臣(第25代)、運輸・観光・スポーツ大臣(第21代)、アイルランド首相(第14代)。現職の企業・貿易・雇用大臣(第35代)、アイルランド副首相である(第26代)。連立与党内の合意により、2022年12月より再び首相を務める予定[1]

概要[編集]

ダブリン出身であり、ダブリン大学トリニティ・カレッジ医学を学んだ。コンサルタントではない病院の医師として数年を過ごし、2010年総合診療医の資格を取得した。2004年統一アイルランド党に入党し、ダブリン県に位置するフィンガル市議会の議員となり、後に副市長を務めた。2007年には初当選を果たした。その後、ケニー政権の元で2011年から2014年まで運輸・観光・スポーツ大臣[2]2014年から2016年まで保健大臣[3]2016年から2017年まで社会保護大臣を務めた[4][5]2015年の同性婚の国民投票の際、バラッカーは同性愛者であることをカミングアウトしたアイルランドで初めての大臣となった[6]

2017年5月エンダ・ケニー首相兼統一アイルランド党党首を辞任することを発表した。バラッカーは後任として党首選挙に立ち、多くの党員がサイモン・コーブニーに投票したものの、ウラクタスでは大差で勝利し、6月2日に党首に選出された。その12日後には、38歳という最年少で党首に就任した。同性愛者であることを公表しているアイルランドでは初、世界で4番目となる。また、インド出身の移民者首相になるのは同国にとって初めてだった[7]

2020年、バラッカーは2月に行われた総選挙を招集した。2019年の世論調査では統一アイルランド党に有利な結果が示唆されていたが、バラッカーはイギリスの欧州連合離脱交渉での扱いに注目していたが、統一アイルランド党は最終的に議席数と得票数でフィアナ・フォイル - 共和党シン・フェイン党に次ぐ3位となった。2020年2月8日執行の総選挙英語版で統一アイルランド党は35議席で第3党にとどまり、バラッカー政権は退陣する見通しとなった[8]。その後の新政権をめぐる交渉は長期化し、同年6月15日に統一アイルランド党は共和党緑の党との連立政権樹立で合意。2022年12月まで共和党のミホル・マーティン党首が首相を務め、以降はバラッカーが再び務めることとなった[9]。2020年には新型コロナウイルス感染症の流行を受けて3月に医師として再登録し、週1回のシフト勤務で医療現場に復帰している[10]

経歴[編集]

政界入りまで[編集]

1979年1月18日、ダブリンのロタンダ病院にて生まれる。父親はインドのボンベイ(現ムンバイ)で生まれ、1960年代医師としてイギリスに渡った[11]。母親はウォーターフォード県ダンガーバンで生まれ、スラウ看護師として働いていた時に夫に出会った[12]。二人は1971年にイギリスで結婚し、レスターに在住した[13]。3人の子どもの長女ソフィーが生まれ、インドに移り住み、1973年にダブリンに定住する前に、2人目の子どものソニアが生まれた。

バラッカーはヒンドゥー教の父とカトリックの母の間に生まれたが、両親はカトリック信仰で育てることを決意した[14]。ブランチャーズタウンの聖フランシス・ザビエル国立学校で教育を受けた。中等教育は、アイルランド聖公会が運営する全寮制の学校であるパーマースタウンのキングズ病院で受けた。

その頃に、青年統一アイルランド党に参加した。ダブリン大学トリニティ・カレッジに入学し、法学を専攻するが後に医学に転向した。大学の青年統一アイルランド党支部で活動し、統一アイルランド党が加盟している青年欧州人民党(青年向けの欧州人民党)の副会長を務めた[15]。バラッカーは、ワシントンD.C.アイルランドからの学生を対象とした半年間の個人的・職業的能力開発プログラムであるWIP(Washington Ireland Program for Service and Leadership)に選ばれた[16]

ムンバイのKEM病院でのインターンシップを終え、2003年に医学部を卒業した[17]。その後、セント・ジェームス病院とコノリー病院でジュニア医師として数年間勤務した後、2010年に総合診療医の資格を取得した[18]

政界入り[編集]

フィンガル市議会(2003年 - 2007年)[編集]

バラッカーは20歳で医学部の2年生だった時に、1999年のモルハダート選挙区の地方選挙で落選した。2003年ダブリン県に位置するフィンガル市議会のキャッスルノック選挙区では、シーラ・テリー氏の後任として採用された。2004年の地方選挙では、4,894票を獲得し、国内で最も高い票を獲得し、初当選を果たした[19]

国民議会下院(2007年 - 2011年)[編集]

2007年の総選挙で国民議会の下院(ドイル・エアラン)に選出された[20]。当時の野党院内総務エンダ・ケニーは、2010年の総選挙で通信・エネルギー・天然資源担当報道官に就任するまで、企業・貿易・雇用担当報道官として最前列席議員連に任命した[21]2011年の総選挙では、バラッカーは8,359票(4議席の選挙区では19.7%の得票率)を得て、ドイル・エアランに再選された[19]

内閣府[編集]

運輸・観光・スポーツ大臣(2011年 - 2014年)[編集]

統一アイルランド党労働党連立政権を組んだとき、バラッカーは2011年3月9日に運輸・観光・スポーツ大臣に任命された。バラッカーはスポーツ愛好家として知られておらず、驚きの任命と見られていた[22]。自身は「多くの事実を知っているが(中略)私はスポーツをしていない」と述べた[23]

2011年5月世界金融危機によって生じられたアイルランド銀行危機により、バラッカーは、アイルランドが2012年に借入を再開する可能性は「非常に低い」とした。2度目の救済措置が必要になることを示唆し、国際市場にアイルランドの信頼性に不安を与えた[24][25]。閣僚の多くは、欧州中央銀行と同様に、バラッカーの率直さに顔をしかめた[26][27]エンダ・ケニー首相は、アイルランド政府が欧州連合(EU)や国際通貨基金(IMF)からの更なる救済措置を必要としないとの見解を繰り返し、公に経済を中傷しないよう全閣僚に警告したと述べた[28][29]。バラッカーは、このことについて反応は誇張されていたが、誤引用されていないと述べた[30]。イブニング・ヘラルド紙は、バラッカーを失言が多いと繰り返し表現している[31][32]

2013年5月に日本を訪問した[33][34]

保健大臣(2014年 - 2016年)[編集]

ブランチャーズタウンのコノリー病院にてのジョーン・バートン副首相とバラッカー保健大臣(2014年7月

2014年7月の内閣改造では、バラッカーはジェームズ・ライリーに代わり、保健大臣に就任した[35][36]

2016年の総選挙で国会議員に返り咲いた。政府形成が遅れたため、同年5月まで代理で保健担当を保持していた。保健大臣としての最後の行動のひとつとして、バラッカーは、精神保健医療のためにその年の予算に割り当てられた3500万ユーロから1200万ユーロを削減し、「資金は他の場所でよりよく使われる可能性があり、削減は必要である」と議会に語った[37]

社会保護大臣(2016年 - 2017年)[編集]

2016年5月6日、政府形成協議が終了した後、エンダ・ケニー首相はバラッカーを社会保護大臣に任命した[38]。同省にいる間、生活保護詐欺に対するキャンペーンを開始した[39]

第14代首相[編集]

レオ・バラッカーは、2017年から2020年まで第14代首相を務めた。また、2022年12月から復帰する予定である。

2017年[編集]

タリン・デジタルサミット(2017年 エストニアタリン

2017年6月2日、バラッカーは、サイモン・コーブニーを破り、統一アイルランド党党首に選出された[40]。コーブニーはバラッカーよりも多くの統一アイルランド党議員の支持を得ていたが、選挙制度はより強く党の国会議員の票を加重し、これらはバラッカーを強く支持していた[41]

エンダ・ケニーと同様に、バラッカーは、無党派層の支持とフィアナ・フォイイルの国会議員(TD)の棄権に頼って首相の座を支えた。2017年6月14日、57対50の投票で47の棄権を得て、首相に任命された[42]。同性愛者であることを公表している初めてのアイルランド首相となり、最年少でもある[注釈 1]。しかし、アイルランド政府の最年少首長ではなく、エイモン・デ・ヴァレラマイケル・コリンズも、国家成立前の革命政府に就任した時は最年少だった。また、バラッカーは、インドとのユーラシアンである初の政府元首でもある[7]。また、統一アイルランド党の地方議会議員が他の議員に引き継がれたのは初めてのことであった[注釈 2]

バラッカーの首相として初めて行ったのは、2018年の中絶に関する国民投票を発表することだった。政府はまた、低炭素経済を達成するためのロードマップをレイアウトすると述べた[43]

アイルランド警察の内部告発スキャンダルと副首相のフランセス・フィッツジェラルドの役割の結果、政権はほぼ崩壊した。主な野党である共和党は、統一アイルランド党と信頼関係を結んでいたが、副首相の不信任決議案を出すと脅した。この行動は政府を崩壊させ、総選挙を引き起こすことになっていた。何日もの膠着状態にもかかわらず、フィッツジェラルドが総選挙を阻止するために内閣を辞任した後、危機は回避されたが、イギリスの欧州連合離脱交渉におけるアイルランドの立場を危うくする可能性があるため、国民のほとんどが望んでいなかったことだった。この直後、バラッカーは、元党首候補者であり、外務貿易大臣のサイモン・コーブニーを副首相に、ヘザー・ハンフリーズをビジネス・企業・イノベーション大臣に、ジョセファ・マディガンを文化・遺産・ゲール語大臣に任命し、内閣の小規模な入れ替えを行った。

フィッツジェラルド危機の直後、バラッカー、テリーザ・メイ英首相ジャン=クロード・ユンケル欧州委員会委員長が合意した協定に、民主統一党のアーリーン・フォスター党首が異議を唱えたため、イギリスの欧州連合離脱協議は暗礁に乗り上がった[44]。バラッカーは、イギリスが合意に達することができなかったことに「驚いた」と「失望した」と述べた。しかし、週の後半には合意に達した。バラッカーは、イギリスからアイルランド共和国と北アイルランドの間に硬直した国境がないことを保証してもらったと述べた。その後、イギリスのウィンストン・チャーチル元首相の言葉を引用して「これで終わりではなく、始まりの終わりだ」と述べた前に、バラッカーと内閣は会談中に「達成しようとしていたすべてのことを達成した」と述べた。これらの日の間に取られたアイリッシュ・タイムズ世論調査では、バラッカーは53%の支持率を示し、2011年以来、歴代首相としても最高の支持率となり、統一アイルランド党は共和党に11ポイントのリードを示した。政府に対する満足度も41%で、ほぼ10年間で最高となった[45]。アイリッシュ・タイムズのコラムニスト、パット・リーヒーは、バラッカーが2017年を「高みに」終えたと主張し、アイリッシュセントラル紙は、首相の「最高の時間」と呼んだ[46][47]

2018年[編集]

2018年1月世論調査の支持率は60%に達し、歴代首相で10年ぶりの高水準となった[48]

2018年1月には、制限的な妊娠中絶法の自由化を妨げていたアイルランド憲法修正第8条を廃止するための国民投票が5月に実施されると発表した。可決されれば、政府は新たな法律を導入できるようになる。女性は12週までは無制限に妊娠中絶を受けることができ、6ヶ月までは母親の命が危険にさらされている場合は例外とすることが提案されていた。バラッカーは、保健大臣としての在職中に困難なケースに遭遇したことで心変わりしたと述べ、法律の自由化を求める運動を展開すると述べた[49]。国民投票は2:1の賛成多数で可決された。

2019年[編集]

2019年1月24日、バラッカーはユーロニュースとのインタビューで、アイルランドの国境管理をめぐる「バックストップ」に固執していると述べ、イギリスの欧州連合離脱は十分に考え抜かれていない自傷行為だと呼んだ[50]。また、北アイルランドの国境問題を解決するために離脱派が約束したものは「まだ存在しない」と述べた[51]

バラッカーは、ブラジル環境保護を約束しない限り、欧州連合=メルコスール自由貿易協定の批准を拒否すると述べた[52][53]。ブラジル産牛肉への市場アクセスが拡大し、アマゾン熱帯雨林森林伐採が増えるのではないかという懸念がある[54]

2020年[編集]

2020年1月14日、バラッカーは、マイケル・D・ヒギンズ大統領が認めた議会の解散を求め、次回の選挙を2月8日に予定していた[55]。この選挙で統一アイルランド党は12議席を失い、フィアナ・フォイル - 共和党シン・フェイン党に次ぐ3位に転落した[56][57]。バラッカーは選挙運動中、統一アイルランド党とシン・フェイン党の連立の可能性を否定したが、共和党と統一アイルランド党の「大連立」は可能性として浮上していた[58]。しかし、2月12日、バラッカーは統一アイルランド党が選挙に敗北したことを認め、次期野党院内総務になる可能性が高いことを認めた。統一アイルランド党は、国民投票の勝者であるシン・フェイン党に政権を形成する最初の機会を与えるために、「一歩下がっても構わない」と付け加えた[59]2月20日、バラッカーはヒギンズ大統領に辞表を提出したが、新政権が発足するまでの間、臨時の首相として残った[60]

この間、新型コロナウイルス感染症の流行はアイルランドに上陸した。3月17日聖パトリックの祝日に先立ってワシントンD.C.に滞在中、バラッカーは、翌日からのすべての学校大学保育施設、文化施設の閉鎖、「100人以上の屋内での集団集会および500人以上の屋外での集団集会」の中止など、新型コロナウイルスの感染拡大を阻止するための措置を発表した[61]。予定より早めに帰国したバラッカーは、聖パトリックの夜、『レオ・バラッカー首相、TDによる放送』で国民に向けて演説し、テレビ視聴者に「マイホーム主義」、すなわち「ある時点で(中略)我々は高齢者や長期的な病気を抱えている人々に数週間は自宅で過ごすように助言する」という概念を紹介した[62]。この演説はアイルランド史上最も高い視聴率を記録し、これまでの記録である『ザ・レイト・レイト・ショー』の特別番組『ザ・レイト・レイト・トイ・ショー』を約25%も上回り、世界中に配信された[63][64]。また、イギリス格安航空会社イージージェット最高執行責任者であるピーター・ベリューの盗作でもある[65]

2020年3月の保健サービス委員会(HSE)の医療従事者への呼びかけに応じ、バラッカーは医療登録に再登録し、週1で医師として現場に復帰した[61]

2020年6月26日統一アイルランド党共和党緑の党連立政権を組むことで合意したことが発表され、アイルランドの主要2党が一緒に政権を組むのは初めてのこととなった。合意の一環として、共和党党首であるミホル・マーティン2022年12月まで首相となり、バラッカーは副首相になった[66][1]

三党連立政権[編集]

副首相(2020年 - 2022年)[編集]

2020年6月26日統一アイルランド党フィアナ・フォイル - 共和党、緑の党が連立政権を組むことで合意したことが発表され、アイルランドの主要2党が一緒に政権を組むのは初めてのこととなった。合意の一環として、共和党党首であるミホル・マーティン2022年12月まで首相となり、バラッカーは副首相となる。約2年半後に後者は再び首相となる予定。マーティンは、6月27日に国民議会の下院(ドイル・エアラン)によって首相として選出され、バラッカーを企業・貿易・雇用大臣および副首相に任命された[67]

人物[編集]

バラッカーはインド出身のアイルランド初の政府指導者であり、インドを何度も訪問している。父の幼少期を過ごしたムンバイのKEM病院で医学研修を修了した。

36歳の誕生日を迎えた2015年1月18日に、RTÉラジオでのインタビューでゲイであることを公表し、「私を定義するものではない。インド人ハーフの政治家でもなく、医者の政治家でもなく、ゲイの政治家でもない。それは私が誰であるかの一部であり、私を定義するものではない。性格の一部だと思う」と述べた[68]。バラッカーは同性結婚の国民投票の著名な提唱者であった[69][70]。マター・ミゼリコルディア大学病院医師のマシュー・バレットとパートナー関係にある[71][72][73]

2019年6月には、現代のLGBTQの社会運動の分水嶺と広く考えられているストーンウォールの反乱の50周年を記念して、メールマガジンの『Queerty』はバラッカーを「すべてのクィアな人々のための平等、受容、尊厳に向けて社会が動き続けていることを積極的に保証する先駆者」の一人に選出した[74]

バラッカーは専門のアイルランド語コースを修了し、名前の「Leo de Varad」のためにアイルランド語の形を考案した[75]

出典[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 1919年以降のアイルランドの政府首脳一覧を見ると、1919年以降の2人のアイルランドの政府首脳、エイモン・デ・ヴァレラ(1882年10月14日生まれ、1919年4月1日には36歳)とマイケル・コリンズ(1890年10月16日生まれ、1922年1月16日には31歳)は、バラッカー(1979年1月18日生まれ、2017年6月14日には38歳)よりも年下であることがわかる。しかし、両方とも1937年の憲法の下で、Taoiseach首相)」という名が採用される前であり、実際に国家が1922年12月6日に国際的に認められた存在になった前であった。
  2. ^ 1919年以降のアイルランドの政府首脳一覧を見ると、1922年8月末までに、親条約派のシン・フェイン党の2人の政府首脳が在職中に死亡していたことがわかる。アーサー・グリフィス(1922年8月12日没)とマイケル・コリンズ(1922年8月22日没)であり、後を継いだのは、同じシン・フェイン党のウィリアム・コスグレイヴで、1923年から1933年まではクマン・ナ・ゲールとして知られていたが、1933年に2つの小さな政党と合併し、1934年から1944年までコスグレイヴが率いていたフィナ・ゲールを形成した。しかし、それは1937年の憲法の下でTaoiseach首相)」の称号が採用される前のことであり、1933年に「フィナ・ゲール」という名称が採用される前のことであり、実際に1922年12月6日に国家が国際的に認められるようになる前のことであった。

出典[編集]

  1. ^ a b アイルランド、主要3党が連立合意 政治空白4カ月:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2020年7月2日閲覧。
  2. ^ Noonan named as new Finance Minister RTÉ News 2011年3月9日
  3. ^ Leo Varadkar to replace Reilly as Minister for Healthst アイリッシュ・タイムズ 2014年7月11日
  4. ^ Leo Varadkar insists new ministry is not a demotion Archived 2016年5月8日, at the Wayback Machine. Irish Mirror 2016年5月7日
  5. ^ (英語) Cabinet selection will be based on 'ability to deliver'. (2017-06-08). https://www.rte.ie/news/politics/2017/0608/881166-leo-varadkar/. 
  6. ^ 'Significant step for equality'- the world reacts to Leo Varadkar becoming the new Fine Gael leader” (英語). independent. 2020年7月1日閲覧。
  7. ^ a b ゲイで、移民の子供で、わずか38歳の首相。アイルランドで誕生へ” (日本語). ハフポスト (2017年6月5日). 2020年7月1日閲覧。
  8. ^ “シン・フェイン党が躍進、共和党が第1党に アイルランド総選挙”. BBC News. BBC. (2020年2月11日). https://www.bbc.com/japanese/51454956 2020年2月12日閲覧。 
  9. ^ “Irish government: Deal reached to form coalition”. BBC News. BBC. (2020年6月15日). https://www.bbc.com/news/world-europe-53045282 2020年6月16日閲覧。 
  10. ^ “医師出身のアイルランド首相、新型コロナ受け医療現場に復帰”. (2020年4月7日). https://www.cnn.co.jp/world/35151970.html 2020年4月14日閲覧。 
  11. ^ Varad village in Maharashtra rejoices as Leo Varadkar is set to be Irish PM” (英語). The Indian Express (2017年6月3日). 2020年7月1日閲覧。
  12. ^ correspondent, Henry McDonald Ireland (2017年6月2日). “Leo Varadkar, gay son of Indian immigrant, to be next Irish PM” (英語). The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/world/2017/jun/02/leo-varadkar-becomes-irelands-prime-minister-elect 2020年7月1日閲覧。 
  13. ^ FreeBMD Entry Info”. www.freebmd.org.uk. 2020年7月1日閲覧。
  14. ^ Is the Biodiveristy Tail Wagging the Zoological Dog. (2018). doi:10.7882/btw.1998. http://dx.doi.org/10.7882/btw.1998. 
  15. ^ McGee, Harry. “'I'm trying to be a bit more subtle, but my instinct is to say it as I see it'” (英語). The Irish Times. 2020年7月1日閲覧。
  16. ^ First Trinity Graduate elected Taoiseach”. ダブリン大学トリニティ・カレッジ. 2020年7月1日閲覧。
  17. ^ Ireland’s new Prime Minister Leo Varadkar is a 'real global Indian', says family back home - World News , Firstpost”. Firstpost (2017年6月3日). 2020年7月1日閲覧。
  18. ^ Leo Varadkar | Biography & Facts” (英語). Encyclopedia Britannica. 2020年7月1日閲覧。
  19. ^ a b ElectionsIreland.org: Leo Varadkar”. www.electionsireland.org. 2020年7月1日閲覧。
  20. ^ Oireachtas, Houses of the (2020年6月30日). “Leo Varadkar – Houses of the Oireachtas” (英語). www.oireachtas.ie. 2020年7月1日閲覧。
  21. ^ Profile: Leo Varadkar (FG)” (英語). The Irish Times. 2020年7月1日閲覧。
  22. ^ (英語) Noonan named as new Finance Minister. (2011-03-09). https://www.rte.ie/news/business/2011/0309/298517-finance/. 
  23. ^ 'True blue' Varadkar gets red card as Dail officials flag problem” (英語). independent. 2020年7月1日閲覧。
  24. ^ To borrow a phrase, Minister” (英語). The Irish Times. 2020年7月1日閲覧。
  25. ^ Quinn, Emese Bartha And Eamon (2011年5月30日). “Bond Auctions Test Contagion Fears” (英語). Wall Street Journal. ISSN 0099-9660. https://www.wsj.com/articles/SB10001424052702303657404576354983728036512 2020年7月1日閲覧。 
  26. ^ Cabinet colleagues angered at Varadkar bailout view”. 2012年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月1日閲覧。
  27. ^ Trichet talks 'verbal discipline' after Leo's gaffe” (英語). independent. 2020年7月1日閲覧。
  28. ^ O'Regan, Michael. “State 'won't require' second bailout” (英語). The Irish Times. 2020年7月1日閲覧。
  29. ^ Kenny lays down law to ministers after Varadkar's gaffe on bailout” (英語). independent. 2020年7月1日閲覧。
  30. ^ (英語) Bailout comments were 'hyped up' - Varadkar. (2011-06-02). https://www.rte.ie/news/2011/0602/301886-economy/. 
  31. ^ New gaffe is just one of a growing list - News, Frontpage - Herald.ie”. web.archive.org (2012年9月25日). 2020年7月1日閲覧。
  32. ^ Leo won't become king of the political jungle with his roaring gaffes” (英語). herald. 2020年7月1日閲覧。
  33. ^ アイルランド基礎データ” (日本語). Ministry of Foreign Affairs of Japan. 2020年7月7日閲覧。
  34. ^ 二国間関係” (日本語). Ministry of Foreign Affairs of Japan. 2020年7月7日閲覧。
  35. ^ (英語) Taoiseach says new Cabinet to focus on jobs. (2014-07-11). https://www.rte.ie/news/2014/0711/629951-cabinet/. 
  36. ^ Carroll, Steven. “New Cabinet holds first meeting at Áras an Uachtaráin” (英語). The Irish Times. 2020年7月1日閲覧。
  37. ^ Varadkar: ” Mental health funding cuts were not supposed to happen but they are necessary as the funding could be better used elsewhere””. 2020年7月1日閲覧。
  38. ^ Ward, James (2016年5月7日). “Leo Varadkar insists new ministry is not a demotion”. irishmirror. 2020年7月1日閲覧。
  39. ^ McDermott, Stephen (2017年6月11日). “The Government saved THIS much investigating dole fraud in Dublin”. dublinlive. 2020年7月1日閲覧。
  40. ^ (英語) Varadkar outlines his priorities after winning election. (2017-06-02). https://www.rte.ie/news/2017/0602/879755-fine-gael-leadership/. 
  41. ^ https://twitter.com/finegael/status/870693601834958848” (日本語). Twitter. 2020年7月2日閲覧。
  42. ^ “Varadkar becomes new Irish prime minister” (英語). BBC News. (2017年6月14日). https://www.bbc.com/news/world-europe-40266513 2020年7月2日閲覧。 
  43. ^ アイルランドで妊娠中絶禁止めぐる住民投票、5月実施へ」『BBCニュース』、2018年1月30日。2020年7月2日閲覧。
  44. ^ Weston, Katie (2019年10月18日). “Leo Varadkar left red-faced after refusing to answer bizarre Arlene Foster question” (英語). Express.co.uk. 2020年7月2日閲覧。
  45. ^ Leahy, Pat. “Fine Gael support surges on back of Brexit row” (英語). The Irish Times. 2020年7月2日閲覧。
  46. ^ Leahy, Pat. “Pat Leahy: Varadkar ends 2017 on a high thanks to Brexit talks” (英語). The Irish Times. 2020年7月2日閲覧。
  47. ^ Finest hour for Taoiseach Varadkar over Brexit border issue” (英語). IrishCentral.com (2017年12月9日). 2020年7月2日閲覧。
  48. ^ Loscher, Damian. “Leo Varadkar’s popularity rating grows to Bertie Ahern proportions” (英語). The Irish Times. 2020年7月2日閲覧。
  49. ^ Leo Varadkar reveals abortion referendum will be held in May” (英語). independent. 2020年7月2日閲覧。
  50. ^ アングル:ブレグジット最大の障壁、「バックストップ」とは何か」『Reuters』、2019年8月1日。2020年7月2日閲覧。
  51. ^ R, James (2019年1月24日). “Leo Varadkar: Brexit was ‘not fully thought through’”. POLITICO. 2020年7月2日閲覧。
  52. ^ 熱帯雨林保護なければメルコスルとの貿易協定阻止=アイルランド首相 - ロイターニュース - 国際:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年7月2日閲覧。
  53. ^ 熱帯雨林保護なければメルコスルとの貿易協定阻止=アイルランド首相」『Reuters』、2019年8月23日。2020年7月2日閲覧。
  54. ^ We must not barter the Amazon rainforest for burgers and steaks | Jonathan Watts” (英語). the Guardian (2019年7月2日). 2020年7月2日閲覧。
  55. ^ Ireland, Office of the President of. “Diary President Signs Warrant For The Dissolution Of The 32nd Dail” (英語). president.ie. 2020年7月2日閲覧。
  56. ^ アイルランド総選挙、混戦に かつての過激派が躍進(写真=AP)” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年7月2日閲覧。
  57. ^ アイルランド総選挙3党大混戦 現地メディア出口調査(写真=AP)” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年7月2日閲覧。
  58. ^ correspondent, Rory Carroll Ireland (2020年2月9日). “Sinn Féin to try to form ruling coalition after Irish election success” (英語). The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/world/2020/feb/09/sinn-fein-to-try-to-form-ruling-coalition-after-irish-election-success 2020年7月2日閲覧。 
  59. ^ Goodbody, Will (2020-02-12) (英語). Varadkar says Sinn Féin must now build a coalition. https://www.rte.ie/news/ireland/2020/0212/1114778-varadkar-election/. 
  60. ^ Lehane, Mícheál (2020-02-21) (英語). Varadkar, Martin agree to meet for exploratory talks. https://www.rte.ie/news/politics/2020/0221/1116630-dail-taoiseach/. 
  61. ^ a b アイルランド首相、新型コロナウイルス感染者が3月末には1.5万人と予想” (日本語). Newsweek日本版 (2020年3月17日). 2020年7月2日閲覧。
  62. ^ Therese, Molloy Marie. “Address by An Taoiseach, Leo Varadkar 17th March” (英語). merrionstreet.ie. 2020年7月2日閲覧。
  63. ^ Leo's speech sets new TV record as 1.6 million tune in” (英語). independent. 2020年7月2日閲覧。
  64. ^ Behind the lines: The who, how and why that created Leo Varadkar's historic speech” (英語). independent. 2020年7月2日閲覧。
  65. ^ Davies, Rob (2020年3月21日). “EasyJet sorry as staff motivation video copies Leo Varadkar” (英語). The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/business/2020/mar/21/easyjet-sorry-as-staff-motivation-video-copies-leo-varadkar 2020年7月2日閲覧。 
  66. ^ アイルランド首相にマーティン氏 長期の政権空…(写真=ロイター)” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年7月2日閲覧。
  67. ^ Lehane, Mícheál (2020-06-27) (英語). Revealed: New Cabinet and Taoiseach's Seanad nominees. https://www.rte.ie/news/2020/0627/1150063-new-cabinet-latest/. 
  68. ^ D'Arcy, Ciaran. “Leo Varadkar: ‘I am a gay man’, Minister says” (英語). The Irish Times. 2020年7月2日閲覧。
  69. ^ アイルランドが国民投票で中絶合法化、同性婚に続く「静かな革命」が進行中” (日本語). Newsweek日本版 (2018年5月28日). 2020年7月2日閲覧。
  70. ^ O'Halloran, Marie. “Leo Varadkar: ‘I wanted to be an equal citizen . . . and today I am’” (英語). The Irish Times. 2020年7月2日閲覧。
  71. ^ Meet the dashing doctor boyfriend supporting Leo Varadkar in his Fine Gael leadership bid” (英語). independent. 2020年7月2日閲覧。
  72. ^ 【米国:ホワイトハウス発表】アイルランドのバラッカー首相との朝食会におけるペンス副大統領の発言 | 海外ニュース翻訳情報局” (日本語). www.newshonyaku.com (2019年3月17日). 2020年7月2日閲覧。
  73. ^ Bardon, Sarah. “Fine Gael leadership race: Leo Varadkar” (英語). The Irish Times. 2020年7月2日閲覧。
  74. ^ Queerty Pride50 2020 Honorees” (英語). Queerty. 2020年7月2日閲覧。
  75. ^ D'Arcy, Ciarán. “Maith an fear: Taoiseach awarded certificate for Irish language course” (英語). The Irish Times. 2020年7月2日閲覧。

外部リンク[編集]

議会(ウラクタス
先代:
ジョー・ヒギンズ
ダブリン・ウェスト選挙区国会議員
2007年 -
現職
公職
先代:
ニーヴ・ヴレスナック
運輸・観光・スポーツ大臣
2011年 – 2014年
次代:
パスカル・ドノホー
先代:
ジェームス・レイリー
保健大臣
2014年 - 2016年
次代:
サイモン・ハリス
先代:
ジョアン・バートン
社会保護大臣
2016年 - 2017年
次代:
レジーナ・ドハーティ
先代:
エンダ・ケニー
首相
2017年 – 2020年
次代:
ミホル・マーティン
防衛大臣
2017年 – 2020年
次代:
サイモン・コヴェニー
先代:
サイモン・コヴェニー
副首相
2020年 –
現職
党職
先代:
エンダ・ケニー
統一アイルランド党首
2017年 -
現職