レオ・セクストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レオ・セクストン Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム レオ・ジョセフ・セクストン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
種目 砲丸投
生年月日 1909年8月27日
生誕地 マサチューセッツ州ダンバース
没年月日 1968年9月6日(満59歳没)
身長 193cm
体重 108kg
 
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
陸上競技
オリンピック
1932 ロサンゼルス 男子 砲丸投
編集 テンプレートのヘルプを表示する

レオ・セクストン(Leo Joseph Sexton, 1909年8月27日 - 1968年9月6日)は、アメリカ合衆国陸上競技選手。1932年ロサンゼルスオリンピックの金メダリストである。

経歴[編集]

セクストンがオリンピックに出場した1932年、砲丸投の世界記録は16.04mで、チェコスロバキアフランチシェク・ドウダとアメリカのハーマン・ブリックス(1928年銀メダル)、ドイツエミール・ヒルシュフェルト(1928年銅メダル)の3人が世界記録保持者であった。オリンピックを前にブリックスとセクストンは16.07mの投てきで世界記録を更新するが、この記録は直ちに公認されなかった。

この後、ロサンゼルスオリンピック出場を決める選考会が開催され、アメリカ代表として、セクストンが1位で通過、ネルソン・グレイ、ハーロウ・ロサートがセクストンに続き、セクストンより評価の高かったブリックスは5位に終わり出場することができなかった。その間に、ポーランドのジグムント・ヘルジャスが16.05mの公認の世界記録を樹立した。

1932年ロサンゼルスオリンピックの砲丸投はアメリカとヨーロッパの対決に注目が集まっていた。しかし、ロサートが1投目に15.67mの投擲を見せると、この記録に届くヨーロッパの選手はいなかった。唯一、チェコスロバキアのドウダが銅メダルを獲得した。しかし、セクストンは、最終投てきで16.00mのビッグスローを見せロサートを逆転。金メダルに輝いた。

オリンピックの後、セクストンは16.13m、16.16mと立て続けに世界新記録を更新。しかしその1ヵ月後には、ドウダが16.20mを記録し、セクストンは世界記録を奪われた。

外部リンク[編集]