レオポルド・フェデリコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レオポルド・フェデリコ
Leopoldo Federico.jpg
基本情報
生誕 1927年1月12日
出身地 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
ブエノスアイレス
死没 2014年12月28日(満87歳没)
ジャンル タンゴ
職業 指揮者バンドネオン奏者
作曲家
担当楽器 指揮バンドネオン
活動期間 1944年 - 2014年

レオポルド・フェデリコ(Leopoldo Federico, 1927年1月12日 - 2014年12月28日)は、レオポルド・フェデリコ楽団代表およびバンドネオン奏者。

1944年から、ディ・アダモ・フローレス楽団 (La orquesta Di Adamo Flores)でデビュー後、プロのバンドネオン奏者として頭角を現す。カルロス・ディ・サルリ楽団やオラシオ・サルガン楽団で、活躍する。1950年代にアストル・ピアソラ八重奏団のバンドネオン奏者として名をはせる。1958年に、レオポルド・フェデリコ楽団を結成する。ヌエボ・キンテート・レアルにも参加する。

1976年、1985年、1991年、1999年、2003年には公演旅行で日本を訪問した。

2014年12月28日に死去した。87歳であった[1]

フェデリコが作曲した著名な曲[編集]

  • Cabulero - カブレーロ
  • Sentimental y canyengue - センチメンタル・イ・カンジェンゲ
  • Siempre Buenos Aires - いつもブエノスアイレス
  • Tango al cielo - 空へのタンゴ

脚注[編集]

  1. ^ Llora el bandoneón: murió el maestro Leopoldo Federico” (Spanish). Diario26 (2014年12月28日). 2014年12月28日閲覧。

外部リンク[編集]