レオポルト3世 (オーストリア公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レオポルト3世(Leopold III, 1351年11月1日 - 1386年7月9日)は、ハプスブルク家出身のオーストリア公シュタイアーマルク公、ケルンテン公、内オーストリア公、在位:1365年 - 1379年)。神聖ローマ皇帝ドイツ王アルブレヒト1世の孫で、オーストリア公アルブレヒト2世とその妻ヨハンナ・フォン・プフィルトとの間の末息子。兄にルドルフ4世フリードリヒ3世アルブレヒト3世がいる。のちに神聖ローマ皇帝位の世襲化を果たすレオポルト系ハプスブルク家の祖。

1365年にルドルフ4世が死去した後、アルブレヒト3世とともにハプスブルク家領の共同統治者となったが、1379年に所領を分割し、レオポルトはシュタイアーマルクケルンテン、クライン、ゴリツィアチロルなどを単独統治することとなった。

1386年、ハプスブルク家の再興を図るためにスイス西部への勢力拡大を企んだが、3倍以上の兵力を率いていたにもかかわらず、盟約者同盟の反攻に遭ってゼンパッハの戦いで大敗、戦死した。

子女[編集]

1365年にミラノ僭主ベルナボ・ヴィスコンティの娘ヴェルデ(フィリディス)と結婚し、6子をもうけた。

先代:
ルドルフ4世
オーストリア公
1365年 - 1379年
アルブレヒト3世と共同統治
次代:
アルブレヒト3世
先代:
ルドルフ4世
シュタイアーマルク公
ケルンテン公
1365年 - 1386年
アルブレヒト3世と共同統治
(1379年まで)
次代:
ヴィルヘルム
レオポルト4世