レオポルト・ウラッハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

レオポルト・ウラッハLeopold Wlach, 1902年[1]2月17日 - 1956年5月7日 原語に近い発音では「ヴラッハ」となる)は、オーストリアクラリネット奏者。

ウィーン生まれ。1917年からウィーン音楽院でフランツ・バルトロミーとヴィクトル・ポラチェク(ともにウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の首席奏者)に師事。1923年に優等で卒業。1928年からウィーン国立歌劇場およびウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の首席奏者、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団管楽器アンサンブルの主宰を務め、1930年からは母校で教鞭もとった。ウィーンにて没。

ウィンナホルンゴッドフリード・フォン・フライベルクフルートハンス・レズニチェックオーボエハンス・カメシュファゴットカール・エールベルガーらとともに、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の最盛期を支えた。

弟子にはアルフレート・ボスコフスキーアルフレート・プリンツなどがいる。

脚注[編集]

  1. ^ [1]