レオノール・デ・ボルボン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レオノール
Leonor
ボルボン家
称号 アストゥリアス女公
全名
出生 (2005-10-31) 2005年10月31日(12歳)
スペインの旗 スペインマドリード、ルベル国際病院
父親 フェリペ6世
母親 レティシア・オルティス
宗教 キリスト教カトリック教会
テンプレートを表示
スペイン王室
Coat of Arms of Spanish Monarch.svg

フアン・カルロス1世
ソフィア王妃


レオノール・デ・ボルボン・イ・オルティススペイン語: Leonor de Borbón y Ortiz[1], 2005年10月31日 - )は、スペインの王族。スペイン王女。アストゥリアス女公(Princesa de Asturiasスペイン王位継承順位では現在第1位に位置している。

経歴1[編集]

アストゥリアス公フェリペ(現スペイン国王フェリペ6世)とその妻のアストゥリアス公妃レティシア(現王妃)の間の長女(第1子)としてマドリードのルベル国際病院で生まれた。2006年1月14日にサルスエラ宮殿英語版において、マドリード大司教アントニオ・マリア・ロウコ・バレラ英語版枢機卿の主宰による洗礼式が行われた。洗礼にはスペイン王室の伝統に則ってヨルダン川から汲み上げられた水が使われた。洗礼の代父母は父方の祖父母である国王フアン・カルロス1世と王妃ソフィアの夫妻が務めた。

両親であるフェリペとレティシアは意図的にレオノールを守り、メディアなどに彼女のことが掲載されるのを防いできたとされる[2]

2014年の父の即位に伴い、アストゥリアス女公に叙せられた[3]。スペイン王位継承法は男子優先長子相続制ではあり、現行の法では弟が誕生すれば王位継承権は弟が優先となり、アストゥリアス女公からインファンタ(infanta)の地位になる。現実的には、レオノールは将来的に父王の後を継いでスペイン女王に即位することになるとみられている。父王の即位によって、レオノールはヨーロッパの王室で最も若い王位継承者となった[2]

趣味はチェロで6歳の頃からしている。他に乗馬。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

先代:
フェリペ
アストゥリアス女公
2014年 -
次代:
上位:

本項人物が最上位
スペイン王位継承権者
継承順位第 1
下位:
ソフィア
スペイン王女