レオノール・デ・アラゴン (カスティーリャ王妃)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レオノール・デ・アラゴン
Leonor de Aragón
カスティーリャ王妃
Sepulcro de la reina Leonor de Aragón, esposa de Juan I, rey de Castilla y León, y madre de Enrique III de Castilla y León, y de Fernando I el de Antequera, rey de Aragón. Catedral de Toledo.jpg
出生 1358年2月20日
アラゴン王国、エル・プイグ
死去 1382年8月13日
Estandarte del Reino de Castilla.svg カスティーリャ王国クエリャル
配偶者 カスティーリャフアン1世
子女 エンリケ3世
フェルナンド1世
父親 アラゴンペドロ4世
母親 レオノール・デ・シシリア
宗教 ローマ・カトリック
テンプレートを表示

レオノール・デ・アラゴン(Leonor de Aragón, 1358年2月20日 - 1382年8月13日)は、カスティーリャフアン1世の最初の王妃。父はアラゴンペドロ4世、母はその3番目の王妃レオノール・デ・シシリア。アラゴン王フアン1世マルティン1世の同母妹である。

生涯[編集]

トラスタマラ家の祖であるカスティーリャ王エンリケ2世の王子フアンと1375年に結婚し、1379年に夫の即位により王妃となった。2人の間には2男が生まれた。

1382年にレオノールが24歳で早世した後、フアン1世はポルトガルフェルナンド1世の王女ベアトリスと再婚し、フェルナンド1世死後の王位継承争いに介入するが、これは国力の浪費に終わった。フアン1世は1390年に32歳で早世し、長男エンリケがエンリケ3世として即位した。

1410年にレオノールの兄マルティン1世が正嫡の後継者を残さずに死去した際、次男フェルナンドがその最近親かつ正嫡の男子であることから(エンリケ3世はすでに死去していた)、カスペの妥協により1412年にアラゴン王位を継承した。