レオニード・セドネフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レオニード・セドネフ
Леонид Седнев
Leonid Sednev.jpg
レオニード・セドネフ(1917年春に撮影)
生誕 1903年??月??日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国
ヤロスラヴリ県ロシア語版ウグリチ郡ロシア語版スパスカヤ郷スヴェルチコヴォ村
死没 1942年7月17日?
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ブリャンスク戦線
職業 料理人見習い・皿洗いの少年
1917年春に軟禁下のツァールスコエ・セローの宮殿外にて。警護兵の助けを借りて芝の塊を運ぶ大公女タチアナ・ニコラエヴナの横に写る少年がレオニード・セドネフと見られている

レオニード・イヴァノヴィチ・セドネフロシア語: Леонид Иванович Седнев, ラテン文字転写: Leonid Ivanovich Sednev1903年??月??日 - 1942年7月17日?)は、叔父のイヴァン・セドネフロシア語版とともにロマノフ朝最後の皇帝ニコライ2世一家のお抱え料理人の助手を務めた少年である。ヤコフ・ユロフスキー配下の銃殺隊によるニコライ2世一家の銃殺が実行された1918年7月17日以降も生き延びることができた唯一のイパチェフ館の囚人となった。

皇室仕え[編集]

ツァールスコエ・セローで叔父のイヴァン・セドネフロシア語版と同様にニコライ2世一家お抱えの料理人の助手として採用されたレオニード・セドネフは歳の近いニコライ2世の息子のアレクセイ・ニコラエヴィチ皇太子と親しくなり、彼の遊び友達になった[1]

イヴァン・セドネフとレオニード・セドネフはニコライ2世一家が移送されたシベリアトボリスクエカテリンブルクにあるイパチェフ館でも引き続き元皇帝一家の料理人の助手を務めた[2]

叔父のイヴァンは1918年5月27日にアレクセイのお守り役であるナゴールヌイと一緒に尋問のためにイパチェフ館から連れ去られた。この日、館の周辺をぶらぶら歩いていたピエール・ジリヤール英語版(ニコライ2世の上の2人の子供の元フランス語家庭教師)は2人が赤軍兵士によって無蓋四輪馬車に乗せられるのを目撃している[3]。それきり2人は二度と館に戻らなかった[3]

7月14日(日曜日)に司祭のストロジェフが許可を得て館に招かれ、ニコライ2世一家は聖体礼儀を行った。この若い神父エフゲニー・ボトキンアレクセイ・トルップらとともにセドネフ少年が後方のアーチの影に立っていたのを確認している[4]

7月16日朝に館の警護隊長ヤコフ・ユロフスキーはセドネフを館から通りの向かいの警護兵たちの宿舎に引っ越させた[5]。セドネフが帰ってこないのをひどく心配した前皇后アレクサンドラ・フョードロヴナはその日の晩にどういう事情があるのか、ボトキンを聞きにやった[6]。ユロフスキーはボトキンとタチアナ・ニコラエヴナにセドネフは叔父に会いに行くために館を去ったのだと説明したが、一家の抱いた不安は解消されなかった[7]。実際にはイヴァンは6月上旬[8](他の情報源によると6月下旬[9]:342、あるいは7月上旬 [10])に銃殺されていたため、面会は不可能であった。

アレクサンドラの人生最後の日記に彼の名前が登場する。

・・・不意にリョーシカ・セドネフがおじさんとの面会に呼び出された。彼は消えた。もしこれが本当で、またもどって来た彼を見ることができたら、それこそ驚きだ。[11][12]:321 — 1918年7月16日

警護兵のフィリップ・プロスクリャコフは前皇帝一家が失踪する前日にセドネフが彼のベッドで一緒に寝たので話をしたが、その時にユロフスキーに衣類を取り上げられてしまったと文句を言っていたと白軍の取調官に供述している。7月17日に起こったとされるエカテリンブルクの惨劇の定説を疑問視するアンソニー・サマーズ英語版トム・マンゴールド英語版は著書『ロマノフ家の最期』の中で、この時点ではまだアレクセイの殺害は計画されておらず、彼に衣服を着せるために取り上げたのではないかと推測している[13]

また、警護兵のレテミンは7月17日の朝8時に宿舎に立ち寄るとそこにセドネフがいたので、どうしてここにいるのか?と聞くと、その場にいた警護兵のアレクサンドル・ストレコチンが片手を振ってセドネフを脇の方に連れて行き、昨夜遅くに前皇帝夫妻(ニコライ2世、アレクサンドラ・フョードロヴナ)とその家族全員(オリガ・ニコラエヴナ、タチアナ・ニコラエヴナ、マリア・ニコラエヴナアナスタシア・ニコラエヴナ、アレクセイ・ニコラエヴィチ)、医師のエフゲニー・ボトキン、料理人のイヴァン・ハリトーノフ、召使いのアレクセイ・トルップ、侍女のアンナ・デミドヴァが殺害されたこと、彼自身もその現場に立ち会ったことを知らせてきたと白軍の取調官に供述している[14]

ユロフスキーの指令によって間一髪のところで命を救われることになったセドネフは7月20日にウラル英語版ソビエト当局によって親戚が住むカルーガ県ロシア語版へ列車で送り出された[12]:328[15]

[編集]

レオニード・セドネフにはいくつもの死亡説が存在する。その一つは第二次世界大戦中の1941年10月にモスクワの戦いで戦死したとされており、その証拠も残されている[10]。他の情報源では反革命の陰謀に加担した罪(反革命罪)で1929年にヤロスラヴリ県ロシア語版銃殺刑に処されたとされる[16]。さらに死亡報告書には有罪判決を受けて最後の任地となったブリャンスク戦線1942年7月17日に処刑されたと書かれている[17]

名誉回復[編集]

2009年10月16日ロシア連邦検察庁ロシア語版はレオニード・セドネフら従者を含めたボリシェヴィキによる政治的弾圧の犠牲者52名の名誉の回復を発表した[18]

脚注[編集]

  1. ^ Блохина Н.. “Государыня называла его «добрый Седнёв…»”. Официальный сайт города Углич. 2013年5月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年5月8日閲覧。
  2. ^ ON THE REHABILITATION OF TSAR NICHOLAS II AND HIS FAMILY” (英語). Pravoslavie.Ru. 2015年5月19日閲覧。
  3. ^ a b ラジンスキー(1993年) p.166
  4. ^ ラジンスキー(1993年) p.223
  5. ^ サマーズ, マンゴールド(1987年) pp.44-45,139-140
  6. ^ ラジンスキー(1993年) p.230
  7. ^ Rappaport(2009年) p.180
  8. ^ Пайпс Р. Русская революция — Т. 2. Большевики в борьбе за власть. 1917—1918. — С. 104.
  9. ^ Буранов Ю. А., Хрусталёв В. М. Романовы. Гибель династии — Москва: ОЛМА-ПРЕСС, 2000. — 447 с. — ISBN 5-224-01188-4.
  10. ^ a b До смерти верный”. Сайт «Малые города». 2013年5月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年5月19日閲覧。
  11. ^ ラジンスキー(1993年) p.234
  12. ^ a b Иоффе Г. З. Революция и судьба Романовых — Москва: Республика, 1992. — 351 с. — 55 000 экз. — ISBN 5-250-01558-1.
  13. ^ サマーズ, マンゴールド(1987年) p.437
  14. ^ ラジンスキー(1993年) p.263
  15. ^ King, Wilson(2003年)
  16. ^ ФЭБ: Указатель имен: Российский Архив. [Т.] VIII. — 1998 (текст)”. 2015年5月19日閲覧。
  17. ^ Донесение о безвозвратных потерях
  18. ^ Генеральная прокуратура РФ удовлетворила заявление Главы Российского Императорского Дома о реабилитации репрессированных верных служителей Царской Семьи и других Членов Дома Романовых”. Официальный сайт Российского Императорского Дома. 2015年5月19日閲覧。

参考文献[編集]