レオニード・スローヴィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レオニード・スローヴィン
Леонид Словин
誕生 1930年11月2日
チェルカースィ
死没 2013年6月19日
エルサレム
職業 小説家弁護士、予審判事、刑事
言語 ロシア語
ジャンル 推理小説警察小説
デビュー作 「こんな仕事」(1964)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

レオニード・セミョーノヴィチ・スローヴィンロシア語: Леони́д Семёнович Сло́вин1930年11月2日 - 2013年6月19日)は、ソビエト連邦ロシア推理作家

略歴[編集]

1930年にチェルカースィで生まれた。モスクワ大学の法学部を卒業し、弁護士、予審判事、刑事捜査局の局員を順に務めた。大学在学時に文筆業を開始し、1964年には最初の中編小説「こんな仕事」(Такая работа)を発表。1969年には中編小説「夜明けに抑留する」(Задержать на рассвете)を発表。その後は、「民警軍曹デニーソフのデビュー」という短編シリーズを続けて発表した。

スローヴィンは推理小説を、1人の優れた主人公(探偵役)が大きな役割を果たす「純粋推理小説」と、事件を解決するための集団の活動を描く「民警小説」(警察小説)に分類している。スローヴィンによれば、「純粋推理小説」のソ連における代表的な作家はヴィクトル・スミルノフロシア語版ワイネル兄弟パーヴェル・シェスタコーフであり、「民警小説」(警察小説)のソ連における代表的な作家はユリアン・セミョーノフアルカージイ・アダーモフロシア語版ヴェ・カラハーノフである。そして、どちらがより良いかは一概には言えないが、自分が書くのは後者の民警小説だとしている。[1]

1991年に刊行されたソ連(ロシア)初の推理小説専門誌『インターポール・モスクワ』創刊号では、ソ連・欧米・日本の作品が各1編掲載されたが、そのうちソ連の作品はスローヴィンの中編小説「深夜固定料金」だった[2]

日本語訳作品[編集]

  • 目撃者のない事件 (訳:井桁貞義、『季刊ソヴェート文学』1974年夏季号(通巻48号)) (原題および発表年不明)
    • 短編シリーズ「民警軍曹デニーソフのデビュー」の1編。

小説リスト[編集]

ロシア語で執筆。

  • Такая работа (こんな仕事) (1965)
  • Задержать на рассвете (夜明けに抑留する) (1969)
  • Астраханский вокзал (1975)
  • Дополнительный прибывает на второй путь (1981)
  • Пять дней и утро следующего (1981)
  • Транспортный вариант (1982)
  • Обратный след (1984)
  • Транспортный вариант (1988)
  • Бронированные жилеты (1989)
  • На темной стороне Луныゲオールギイ・ワイネルとの合作)
  • Когда в нас стреляют
  • Точку ставит пуля
  • Отстел
  • Пауки (1997)
  • Война крыш
  • Победителям не светит ничего
  • Героиновые звезды
  • Полночный детектив
  • Агентство "Лайнс" (2008)
  • Погоны, ксива,ствол (2008)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「目撃者のない事件」に付された「作者スローヴィンの言葉」参照
  2. ^ 欧米の作品は、イアン・フレミングの『女王陛下の007』、日本の作品は、エラリー・クイーン選『日本傑作推理12選』から選ばれた筒井康隆「如菩薩団」。深見弾(1991)参照。

参考文献[編集]

  • 「目撃者のない事件」(『季刊ソヴェート文学』1974年夏季号(通巻48号))に付された「作者スローヴィンの言葉」
  • アナトーリィ・ベズーグロフ(ロシア共和国推理作家同盟総裁)インタビュー(『ミステリマガジン』1991年12月号)
  • 深見弾「ソビエト・ミステリ界の現状」(『ミステリマガジン』1991年12月号)