この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

深見東州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ふかみ とうしゅう
深見 東州
生誕 半田 晴久
(1951-03-18) 1951年3月18日(67歳)
兵庫県西宮市
国籍 日本の旗 日本
別名 戸渡阿見、レオナルドTOSHU、進撃の阪神
出身校 同志社大学経済学部[1]
武蔵野音楽大学特修科声楽専攻修了[2]
職業 宗教家芸術家実業家、経営コンサルタントなど
テレビ番組 サクセス登龍門世界のいま
肩書き ワールドメイト代表
菱法律経済研究所所長
世界ブラインドゴルフ協会総裁など
受賞 紺綬褒章[3]
ニュージーランド・メリット勲章[4]
カンボジア王国コマンドール友好勲章[3]
カンボジア王国モニサラポン・テポドン勲章[3]
カンボジア王国ソワタラ勲章大勲位[3]
カンボジア王国ロイヤル・モニサラポン大十字勲章[3]など
公式サイト 公式ウェブサイト(深見東州)
公式ウェブサイト(半田晴久)

深見 東州(ふかみ とうしゅう、本名:半田 晴久(はんだ はるひさ)1951年3月18日 - )は、日本宗教家、神道系の宗教法人ワールドメイトの教祖[5]。実業家、経営コンサルタントでもある。

名称

主に、宗教活動や芸術活動を行う際は、深見東州(ふかみ とうしゅう)という通名を使用している。ビジネスやスポーツや芸術の後援、ビジネス系の執筆や評論活動を行う際は、本名の半田晴久(はんだ はるひさ)で活動している。また、劇団団長小説家詩人等の文芸活動を行う際は、戸渡阿見(とと あみ)というペンネームを使用している。レオナルドTOSHU(レオナルドとうしゅう)というペンネームをラジオパーソナリティ名やTwitterで使用している。過去には、深見青山(ふかみ せいざん)というペンネームを使用していた[6]。他、美川献花、夏目そうしき、ブツダン・ピエール[7]。複数の名を使う理由を、深見は、「それぞれの世界で成り切るため」と述べている[8]

人物

神道新宗教ワールドメイトの教祖であり、実業家であり、経営コンサルタントとしてシンポジウムや講演を主催している。ワールドメイトは2004年時点で5万人余りの会員がいる[5]。多様な芸術活動を行い、豊富な資金力でスポーツや芸術などの後援も行っている。神人合一により新しい時代を切り開き、「弥勒の世」を実現すること目指しているという[9]

宗教者として他の教祖のように常にカリスマを演出するのではなく、セミナーでギャグを連発したり、神事で厳かにふるまうなど、時と場合によって態度や行動を使い分けることができる[10]。宗教家という言葉には収まらない多様な活動を行っており、ワールドメイトの教祖の他、公式ホームページには事業活動として予備校、商社、出版社、経営コンサルタント、旅行会社という項目があり、いずれも深見が中心となり(名義は本名の半田で)事業を行っている[11]みすず学苑という予備校の運営や時計の輸入販売などを行うミスズ、深見の書籍等を出版するたちばな出版、薬局[12]、占い喫茶「あ・たーる」[12]、ジャパン・ペガサス・ツアー社[5]等の中小企業を経営しているほか、オーストラリアの観光会社やイギリスのホテルと観光会社等の経営を行っており、国内外で13社ほどの会社の社長をつとめる[13]。抽象的理念にとどまらない実践派、経営コンサルタントとして[14]、経営者を対象としたビジネスセミナーも開催している[15]。深見は宗教活動はボランティアであると述べており、ミスズの役員手当てで生活しているという[16]

英語が得意で、神道のみならずキリスト教や仏教、儒教や中国の禅語録にも詳しい[17][18]。大学生時代には、大本の幹部出口京太郎の指導を受けたという[19]。非常に記憶力が良く、道院紅卍字会(大本と中国で協働関係にあった)に関わった営業マン時代に、宗教関係書や古典などを読み漁り、当時随一の碩学であった道院紅卍字会事務局長の根本宏に学び、諸宗教のエッセンスを学んだ[20]。またここで、霊能者の橘カオル(徳田愛子)と出会い師事している[21]。橘は一時期世界真光文明教団の信者だったことがあり、親族に複数の幹部がいた[21]。教団において、橘は「神の啓示の受け手」、深見は「神の仕組みの担い手」として仕組みを解明し、広める役目であったという[22]

宗教学者の沼田健哉は深見をシャーマンであり審神者でもあるとしており、シャーマンとしては脱魂と憑依の両方が見られると述べている[23]。深見は霊能力者であり、悪霊を祓うことができるとしている。前世を見ることができ(つまり転生を信じている)、守護霊を鑑定でき、病気の霊的な診断ができるという(現代医学を併用する)[24]。橘カオルが神に知らされた神示によれば、深見の前世は聖徳太子であり(橘カオルの前世は持統天皇とされる)、神界のピラミッドの頂点に立つ日之出大神(元々は大本の神)であり、国祖であり地球神霊界の神が憑依し合体した存在であるとされる[25]。人々の魂を本来限られた人間しか行くことのできない星霊界に連れていく「星ツアー」、チャクラをすべて一気に開かせる「チャクラ全開第秘法」、守護霊をレベルの高いものに入れ替える「守護霊早め交代秘法」、悪い因縁のDNAを組み替える「血液転換秘法」、「神霊美容術」、「やせる秘法」など、300以上の秘法を身に着けているという[26]

深見にはビジネスや開運などの著作が多数あるが、その内容は宗教家とは思えないほど重々しさがなく、好意的にとらえるなら親しみやすく気軽に読める内容になっている[11]。73万部を突破した「強運」[7]などの著作は1990年代の霊界ブームに乗って売れ、著作を介して信者を増やした[27]

神道国際学会(International Shinto Foundation)という日本文化の研究紹介を行うNGOを設立して活動に深く関与しており、この組織は実質的にワールドメイトの財政援助で成り立っている[5]。神道国際学会を通じて深見の活動を支持する神道関係者は少なくない[5]

シャーマニズム研究も行っており、文明評論や宗教評論の著作がある[7]

宗教家でありつつ、実業家として生業を営み会社経営を行う背景について、深見は「聖と俗を区別して共存する」という神道ならではの特質によると述べている。深見によると、「聖と俗を区別して共存する」というあり方は、聖徳太子以来日本古来の神道が育んできた伝統であるとし、日本の経営者は、信仰を拠り所としつつも信仰と経営を混同させず、はっきり区別して共存させ日本型経営にも影響を与えてきたという。そのため、深見が代表をつとめるワールドメイトと、深見が経営する企業には、資本関係がなく株式も所有せずに、聖と俗を区別し、共存させているとしている。神道には、「生業(なりわい)や家を栄えさせ、コミュニティーを繁栄させる」とか、「現実を生き貫く精神や魂の、輝きに価値を見出す」という特質もあり、深見もこの特質を持つ活動を行っているという。[28][29]

音楽芸術は日本の神々を喜ばせるとして重視している[30]武蔵野音楽大学特修科声楽専攻を卒業しており、作詞、作曲、演奏、志木、声楽、和歌、俳句、書道、茶道、華道、絵画、能楽、声明、バレエ、俳優などの芸術文化の多様な活動を行い、芸術関連でも画集、書画集、楽譜集、写真集、CD、ビデオをリリースしている[7]。ラジオのパーソナリティとして多くのレギュラー番組の実績もある[7]。芸術支援・芸術家としての活動は#芸術活動を参照のこと。多様な芸術に取り組む理由について、深見は「西洋人が大事にしている文化を理解し、実践したうえで、日本文化を見せるのです。(中略)相手の土台となる文化や芸術を分かち合い、さらに自分の文化を表現してこそ、世界的な文化人として認めてもらえます[31]」「それぞれ(の芸術)の最高峰のものを行うことで、インターナショナルな人間として共感してもらえるのです[32]」と述べている。ジュリアード音楽院より、名誉人文学博士を授与される際に「現代のルネッサンスマン」と評された[33]。日本語でも英語でもスピーチでギャグを飛ばして会場を笑いでわかせるなど、ギャグユーモアを常に発信している[34]

ワールドメイトの福祉活動として日本盲人ゴルフ協会(現日本ブラインドゴルフ振興協会)を設立し、ブラインドゴルフの援助を行っている[35]。深見は「信仰理念に基づくコスモメイト(現ワールドメイト)の社会活動の一環」であると述べている[35]。スポーツ支援・障害者スポーツ支援は#スポーツを参照のこと。

公益財団法人協和協会理事長[36]、菱法律経済研究所所長、道院紅卍字会常務理事[7]であり、西オーストラリア州立エディス・コーエン大学大学名誉文学博士の名誉称号、イギリスウルバーハンプトン大学経済学部客員教授などの経歴があり、多数の公職の肩書を持つ[7]

深見の活動を全て列挙することは煩雑であり百科事典の趣旨に反するため、一部を紹介するに留める。

宗教的思想

深見は仏教に深い知識を持つが、宗教者としては神道の立場にあり[11]、ワールドメイトは在家神道であるとしている[37]。宗教学者の沼田健哉は、深見の教えは教派神道の一派と見做すべきものであるが、著作において神社神道の世界を紹介していることを指摘している[30]。深見の教えは「仏教、儒教、道教、神道の要素外では大本教の教えと重なる部分が多いが、それに世界真光文明教団道院紅卍字会等の他の教団の教えと彼独自のものが付け加わっている」と評している[9]。また沼田は、伝統的なものと最先端のものの融合が見られ、ニューエイジと類似した面があると述べている[38]

御親元素大御神様(みおやもとすおおみかみ、別名⦿の神、スの神)を最も重視しており、「姿なく終わり無く、無限絶対・無始無終」の宇宙的な神であるとしている[11]。スの神は世界救世教世界真光文明教団の崇敬対象と同じであり[39]、橘カオルに1972年(深見と出会う前)に降り、使命を与え、深見との出会いを予言した神であるという[21]。キリスト教のヤハウェ天照大神国常立命守護霊などもすべてスの神が人間に分かりやすいように仮の姿で顕れたものであるとしている[37]。スの神と神道が結びつく理由は明らかでないが、ジャーナリストの溝口敦|は神道系新宗教の大本の影響を指摘している[37]

ワールドメイトは天照大御神をはじめ八百万の神々を奉じる神道系宗教団体であり、確固とした教義はないとされる[11]。様々な神仏が取り入れられており、ご利益があるとされる非常に多種多様なグッズが販売されている。深見の宗教的世界観は次のようなものである。太陽系は①目に見える物質の世界である「現実界」、②目に見えない霊の住む「霊界」、③神の世界「神界」からなり、それぞれの世界は呼応し合っており、物質界より霊界が、霊界より神界の能力が高く、神が主導権を握っている[11]。神界は世界中にあるが、本当の神界があるのは日本だけであるとしている[9]。過去に古代文明の栄えたムー大陸があったと考えており、そのころは神界と現実界が互いに良く認識していた神代であると考えている[9]

人間は肉体を持つ霊であり、地球にだけ存在するとされる[11]。人間は物質的存在であると同時に霊的存在であり、人間は神界の意を受け、霊界のバックアップのもとで生きている[11]。神霊は御親元素大御神様を頂点とするピラミッド構造になっており、会社のように上下の組織があり、企業の販売網のようにテリトリーがあるという[11]。龍、天狗、UFOなどは、主神と人間の間に立つ中間の神とされる[11]

深見は神社参拝を通して開運できると主張しており、神には強弱や専門があるとし、自分の願いに適した神社を見極めて参拝するよう勧めている[11]。ビジネスに関する発言も多く、神社参拝での開運についても、商売繁盛、資金繰りなどが随所で言及されている[11]

彼の思想にはナショナリズムとインターナショナルな要素が入り混じっており[40]、天皇制を重視し、世界連邦の形成を目指している[40]世界連邦形成のために諸宗教の対話が必要であるとし、そのために政治を重視している[40]。沼田健哉によれば、マルクスは国常立之大神の分身であるとされ、深見の掲げる「弥勒の世」は、マルクスが『ドイツ・イデオロギー』で描いた共産主義の世界と類似があるとされる[30]

来歴

幼年期~高校時代

深見の評伝を書いた磯崎史郎によると、生家は代々酒樽製造業を営んでおり、最盛期には灘五郷の酒蔵の酒樽作りを一手に引き受けていた日本一の酒樽屋だったという[41]

深見が物心ついた頃には家庭環境はかなり荒んでおり、当時の幼い深見は母を助けてほしいと神仏に祈り続けていた。宗教学者の沼田健哉は、この時の経験が深見を宗教の道に進ませた大きな要因であると述べている[42]。夫との生活に耐えられなくなった母は世界救世教に関わるようになり[43]、深見は10歳の頃から信仰に目覚めた母より宗教心を育てられた[44]。高校入試前に正式に世界救世教に入信[42]

兵庫県立鳴尾高等学校に進学し、世界救世教支部の学生部を結成し熱心に活動した[42]。この頃、母の原因不明の病気が世界救世教の浄霊では治らなかったが、大本の除霊で良くなったことなどをきっかけに、救世教から大本教へ転向し、霊の実在と神霊による病気治癒などを確信するようになった[42]。大本の教典である『お筆先』や出口王仁三郎の著書『霊界物語』を繰り返し読むようになる[45]

大学入学前に読書に目覚め、純文学、恋愛小説、哲学書など1000冊以上をこの時期に読む[46]。また、中学からクラシック音楽を聴くようになった[47]

大学時代

地元関西の同志社大学経済学部に進学した[48]。専攻は国際金融論、ゼミのテーマは「南北問題の経済援助について」。大学生の頃から、他人の未来や心が透視できるという具体的な霊能力が現れたといい、4年生の頃には学内外で知られるようになっていたという[42]。大本の幹部出口京太郎に声をかけられ、友人と共に彼の指導を受けたという[19]

ESSでのプレジデント(委員長)とディスカッションセクションの代表を務め400人の部員をまとめ組織改革を行う[49]。京都は外国人観光客が多かったことから、日本文化を英語で論理的に説明することに興味を持ち、ESSで英語コミュニケーション能力を磨き、これがのちの活動のベースになっているという[49][31]。大本との関係は、大学を卒業してしばらくの間続いていた[42]

会社の創業、宗教団体の設立

大和ハウス工業に就職し、営業マンとして東京に赴任する[1]1977年に、大本と提携している銀座道院紅卍字会に出入りするようになり、1977年に一時世界真光文明教団の信者だったこともある霊能力者の橘カオル(徳田愛子)に出会った[21]。橘カオルはごく普通の安定した家庭の主婦であったが、33歳の時に夢枕に神が降り、1972年に⦿の神(スの神)が降り、深見との出会いを予言されていたという[21]。深い宗教関係の知識を持っていた深見は、「なにも持たず、知らず、生活から出た神意のポイントしか指摘しない」橘に非常な衝撃を受け、教えを乞うようになり、家族や宗教的な仲間たちと共に橘家とその周辺に引っ越した[50]

深見とその家族、仲間たちは橘の家で1年間共同生活を行い[50]、1978年に深見は大和ハウス工業を退職した。橘は東京に株式会社三十鈴(現ミスズ)を設立し、深見は株式会社三十鈴が運営する予備校三十鈴学苑(現みすず学苑)を設立した[1][51]。その後、深見青山という名前で著作を刊行するようになる[5]

1984年、任意団体コスモコア(現ワールドメイト[1])を設立、深見と橘がともに運営していた。1985年に有限会社コスモコアを設立し、1987年にコスモメイトに改名[5]

1987年、橘出版(現たちばな出版)を創業する[46]。37歳でオーストラリアのパースで会社を買収し、海外においても企業経営を始める[34]。イギリスでも、ホテルと観光会社の経営を行い、国内外で13社ほどの会社の社長をつとめる[13]

しかし1992年末より、深見の直弟子の村田久聴を中心に分派活動が起こり、深見とコスモメイトに対してマイナスのイメージを与える報道が相次いだ。深見は村田と村田派の職員を解雇[52]。その後、相当な数の職員が退職した[52]

1995年に東州に改名。深見が中心となっているビッグビジネス研究所主催でフランシス・フクヤマらを招き国際シンポジウムを開催[52]、またバレエオペラの上演、関連団体の主催で複数のチャリティーコンサートを開催した[52](芸術活動に関しては次節を参考)。大本の信者であった梅田善美らと共に神道国際学会を設立、神道学者らとシンポジウムも開催した。

1994年にコスモメイトをパワフルコスモメイトに改名[52]、さらに同年コスモメイトにまた改名した[5]

2012年にワールドメイトが宗教法人として認可された。

2015年12月8日に、代表取締役社長をつとめるミスズが、「ロベルト・カヴァリ バイ フランク・ミュラー」の日本総代理店となった[53][54][55][56]

2017年6月に、ゴルファー専用の高級機械式腕時計を製造するスイスブランドメーカー「ヤーマン&ストゥービ」のオーナー社長に就任する[57]

活動(宗教・ビジネス以外)

芸術活動

書は、16歳より兵庫県立鳴尾高等学校書道部部長として、田端曲全に師事し[58]、その後は独学で続けていたが、35歳より竹中青虎に学び、西川寧の孫弟子となる[46]

絵画は、35歳より独学で始める。その後、仏画を浅井秀水、日本画水彩画を犬飼得之に、油絵西洋画を松下友紀に、水墨画を安永麦州に師事し、様々なジャンルの学びを深める。1997年に初の個展を開催し、1997年にはニューヨークソーホーのグラントギャラリーで個展を開催。2001年から毎年、誕生日の前後に1年間書きためた新作の展覧会を開催している[59]2002年9月、中国芸術研究院中国語版より、中国美術界最高称号である[60]外国人初の一級美術師称号を授与され[61][62]、アクリル画「青龍神と緋鯉」が永久所蔵される[63]。2003年10月、『日豪芸術交流祭』において、水墨画「キラキラ天の川」作品が、330人の日本の画家の中から選ばれ、「西オーストラリア州芸術文化大臣賞」「パース市長賞」「審査員最優秀賞」の3賞を同時受賞し、パース市より「名誉芸術家」の称号を授かる[64]。2006年に 清華大学美術学院美術学学科博士課程修了、文学博士を取得する。博士論文のタイトルは、「芸術市場の流通の変遷における日中美術品から見た芸術と市場の関係」(从中日美术品在艺术市场的流通变迁看艺术与市场的关系)であり[65]、日本語の書籍としても出版されている。

子どもの頃音楽教育を受けることなく、ピアノ、バイオリン、作曲と和歌(岡野弘彦に師事)をはじめる[47]。40歳で歌手デビューを果たす[32]。クラシックバレエや京劇もはじめる。1997年、46歳で武蔵野音楽大学特修科声楽専攻を修了し[2]、オペラ歌手デビューを果たす。1998年には47歳で、西オーストラリア州立エディスコーエン大学芸術学部大学院(西オーストラリアパフォーミングアートアカデミー, WAAPA) に入学してオペラ等の舞台芸術を学ぶ。2002年(51歳)に西オーストラリア州立エディスコーエン大学芸術学部大学院を修了し、創造芸術学修士[66][67][47]を取得する。修士論文は "The living artist"[68](原文は日本語[69])。

1993年、深見、マイヤ・プリセツカヤ、コスモメイト会員が出演するバレエオペラ『天の安河のうけひ』を上演[52]

2002年10月には、外国人初の中国国立歌劇舞劇院の一級声楽家称号を授与され、正団員及び歌劇舞劇院海外芸術顧問をつとめる[70][71]

2006年清華大学美術学院美術学学科博士課程修了、同美術学院で文学博士[72][73]浙江大学大学院中文学部博士課程修了、博士論文は「日本入宋僧研究」[74]、同大学院で2007年に文学博士[72][73]。2007年9月から浙江工商大学中国語版日本文化研究所教授[75]

2007年5月、56歳で、大衆演劇をコンセプトとした「明るすぎる劇団・東州」を旗揚げした[76][77]。戸渡阿見名義で、自ら劇団団長、総合プロデューサー(監督)として原作、脚本、演出、衣装、音楽を全て行っている。団長をつとめる明るすぎる劇団・東州の毎年の定期公演では、ギャグコスプレに扮し、ギャグパントマイムを行っている。[78][79]

2008年世界開発協力機構 (WSD) を設立 (後述)。同年に世界芸術文化振興協会ジュリアード音楽院との協定を結び、日本人が同学院の音楽科の一次入試を国内で受験できる制度を兼ねる「ジュリアード音楽院声楽オーディション」を創設し、若手の育成にも力を注いでいる[80]

2012年、オーストラリアのシドニーで屋外オペライベントが始まり、大口スポンサーである深見の名を冠し「ハンダ・オペラ・オン・シドニー・ハーバー」と命名された。毎年3週間開催されている[81][82][83]

スポーツ

2003年国際スポーツ振興協会 (ISPS) を設立し、ブラインドゴルフやメジャーのみならずシニアやジュニアにまで裾野を広げたゴルフ大会を主催していく。世界のメジャーツアーやワールドカップ等では「ISPS Handa」「Handa」を冠した大会が開催されるようになる。主催するフィランスロピー大会では、選手が賞金の一部を社会福祉団体に寄付することとし、ボウリングを通した社会貢献を推進している[84]

2006年より日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)で、日本女子シニアプロ登録の制度が始まり、日本女子シニア初のQT(クォリファイングトーナメント)も開催される。こうしたゴルフ興隆に対する貢献等により[85]、2006年よりライダーカップソルハイムカップのレジェンズツアー版として、本名の半田を冠したハンダカップ(レジェンズツアー主催)という、女子シニアプロ団体戦が毎年開催されている[86][87]。2013年からは、ISPSハンダカップに改称した。

メディア出演

ラジオ

  • SEIZAN THIS WAY(セイザン・ディス・ウェイ) - 1990年11月〜1992年3月、毎週日曜日朝に放送。FM福岡をキー局として放送。
    深見東州がカンボジア等での福祉活動や芸術活動をインタビューを交えながら紹介したり、芸術や音楽、人生についての自論を語ったり、各界のゲストを迎え対談を行う番組。
  • さわやかTHIS WAY(さわやかディス・ウェイ) - 1992年4月〜2012年3月25日、毎週日曜日朝に放送[88][89]FM山口をキー局として放送。たちばな出版提供[90]
    SEIZAN THIS WAYに同じ。
  • レオナルドTOSHUの遊びがNight(レオナルドとうしゅうのあそびがないと) - 2009年4月4日2012年3月24日、毎週土曜日22:30〜23:00にNACK5で放送。提供はたちばな出版みすず学苑[91]
    ゲストとのトーク、人生相談(リスナーから寄せられた悩み相談に答える形式)、お題頂戴などのテーマを週替わりで放送した。
    Podcast配信も行っており、オリジナルコンテンツ映像や音声を配信していた[92]
  • 深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話(ラジオNIKKEI第1) 2015年10月23日〜 毎週金曜23:30〜24:00[93]

出典

  1. ^ a b c d 井上順孝 et al., pp. 323-324.
  2. ^ a b 武蔵野音楽大学特修科声楽専攻卒業”. Toshu Fukami. 2014年2月10日閲覧。
  3. ^ a b c d e 福祉、教育、スポーツ、学術、芸術などの公益活動”. ワールドメイト. 2013年12月26日閲覧。
  4. ^ “Alliance expands opportunities for region’s golfers”. ジャパンタイムズ. (2016年6月14日). http://www.japantimes.co.jp/news/2016/06/14/national/alliance-expands-opportunities-regions-golfers/#.V2NgwlcfSv0 2015年6月17日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g h 井上順孝 2005, p. 555-556.
  6. ^ 島田裕巳 (2008). 平成宗教20年史. 幻冬舎. p. 191. 
  7. ^ a b c d e f g 日外アソシエーツ 2005, p. 2143.
  8. ^ “第17回深見東州・バースデー書画展 新作含む182点展示「深見ワールド」際立つ”. 日中新聞 (日中新聞社). (2017年4月6日). http://www.infochina.jp/jp/index.php?m=content&c=index&a=show&catid=16&id=18020 2017年4月7日閲覧。 
  9. ^ a b c d 沼田健哉 1991, pp. 276-277.
  10. ^ 沼田健哉 1991, pp. 246.
  11. ^ a b c d e f g h i j k l 寺石悦章 深見東州の巡礼論 四日市大学総合政策学部論集 7(1/2), 55-69, 2008-03 四日市大学
  12. ^ a b いのうえせつこ 1993, p. 215.
  13. ^ a b “【独占インタビュー】謎多き宗教家、深見東州とは何者か”. iRONNA (産経デジタル). (2017年). http://ironna.jp/article/4942?p=1 2017年4月11日閲覧。 
  14. ^ 川上恒雄、2006、「新宗教とビジネス哲学」、『宗教研究』(第八部会)、日本宗教学会<特集>第六十五回学術大会紀要、NAID 110006271815 pp. 379-380
  15. ^ “帰ってきた! アカスリ半田劇場6 なによりも根性! 「関西型」で取引先を攻め落とせ”. スポーツニッポン (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2016年2月24日) 
  16. ^ 溝口敦 1995, p. 173.
  17. ^ 島薗進 1991, pp. 151-154.
  18. ^ 沼田健哉 1991, pp. 246-313.
  19. ^ a b 沼田健哉 1991, pp. 252.
  20. ^ 沼田健哉 1991, p. 254.
  21. ^ a b c d e 沼田健哉 1991, pp. 254-258.
  22. ^ 沼田健哉 1991, p. 302.
  23. ^ 沼田健哉 1991, p. 305.
  24. ^ 沼田健哉 1991, pp. 292-297.
  25. ^ 沼田健哉 1991, pp. 280-302.
  26. ^ 沼田健哉 1991, pp. 290-295.
  27. ^ いのうえせつこ 1993, p. 216.
  28. ^ “深見東州氏「私の広告は胡散臭いが1%気にいれば成功」”. SAPIO 2017年3月号. (2017年2月13日). http://www.news-postseven.com/archives/20170213_492870.html?PAGE=1 2017年4月11日閲覧。. 
  29. ^ ワールドメイトと深見東州、5つの特徴”. ワールドメイト (2015年5月15日). 2016年1月4日閲覧。
  30. ^ a b c 沼田健哉 1991, pp. 280-281.
  31. ^ a b “アカスリ半田劇場4 培った英語力で海外の著名人と親密に”. スポーツニッポン (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2013年10月9日) 
  32. ^ a b “アカスリ半田劇場5 オペラや京劇に不惑からチャレンジ”. スポーツニッポン (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2013年10月23日) 
  33. ^ 6 Honorary Degrees to Be Awarded at Commencement”. THE JUILLIARD SCHOOL (2009年5月). 2014年2月19日閲覧。
  34. ^ a b 深見先生が、ギャグやユーモアを 広告やスピーチ等で発信する理由”. ワールドメイト. 2015年6月25日閲覧。
  35. ^ a b 溝口敦 1995, p. 185.
  36. ^ 役員名簿”. 公益財団法人協和協会. 2014年3月27日閲覧。
  37. ^ a b c 溝口敦 & 1995, pp. 164-165.
  38. ^ 沼田健哉 1991, p. 306.
  39. ^ 沼田健哉 1991, p. 256.
  40. ^ a b c 沼田健哉 1991, p. 304.
  41. ^ 磯崎史郎 1991, p. 180.
  42. ^ a b c d e f 沼田健哉 1991, pp. 247-252.
  43. ^ 磯崎史郎 1991, pp. 183.
  44. ^ 島薗進 2001, p. 128-130.
  45. ^ 磯崎史郎 1991, p. 191.
  46. ^ a b c “アカスリ半田劇場2 大学入学までに約1000冊読破”. スポーツニッポン (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2013年9月11日) 
  47. ^ a b c 「アニメソングと予備校経営、何でもボーダーレスになった経緯(いきさつ)」”. 半田晴久. 2014年4月1日閲覧。
  48. ^ 沼田健哉 1991, p. 251.
  49. ^ a b “アカスリ半田劇場3 京都での4年間が今のベースに”. スポーツニッポン (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2013年9月25日) 
  50. ^ a b 沼田健哉 1991, pp. 254-259.
  51. ^ 「欧米の要人招聘などの功績も 半田晴久・怪人物が疑惑と中傷に応える」、『THEMIS』第23巻第1号、株式会社テーミス、2014年1月1日、 84-85頁。
  52. ^ a b c d e f 沼田健哉 1991, pp. 260-263.
  53. ^ “フランク ミュラー&ロベルト カヴァリ豪華コラボ時計”. デイリースポーツ (デイリースポーツ社). (2015年12月18日). http://www.daily.co.jp/info/watch/ 2016年5月27日閲覧。 
  54. ^ “フランク ミュラーとロベルト・カヴァリが協業したウォッチコレクション上陸”. fashionsnap.com News (Reco orlando inc.). (2015年12月8日). http://www.fashionsnap.com/news/2015-12-08/robertocavalli-franckmuller-jp/ 2016年5月27日閲覧。 
  55. ^ “土屋アンナ・大石参月・木下ココが美の競演 SEXYドレスアップで集結”. モデルプレス. (2015年12月8日). http://mdpr.jp/news/detail/1548237 2016年5月27日閲覧。 
  56. ^ “土屋アンナ裁判は「二度とヤダ」”. デイリースポーツ (デイリースポーツ社). (2015年12月9日). http://www.daily.co.jp/gossip/2015/12/09/0008632354.shtml 2016年5月27日閲覧。 
  57. ^ ハイセンスなデザイン創造性を融合した高級腕時計「HYSEK」ゴルファー専用の機械式腕時計「JAERMANN&STUBI」「HYSEK日本総輸入元契約の発表、2017年新作ウオッチコレクション販売開始」”. PR TIMES. 2017年8月4日閲覧。
  58. ^ “アカスリ半田劇場1 1通のラブレターから書道部へ”. スポーツニッポン (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2013年8月28日) 
  59. ^ 「深見東州の深奥の世界とは? 第1回芸術の脈絡に誘い込む? 深見東州の活動奇跡 美術、書、演劇、オペラ、小説、詩etc.…」、『ギャラリー』第325号、ギャラリーステーション、2012年、 94-97頁。
  60. ^ “日艺术家荣膺“一流美术师” [日本芸術家“一級美術師”の光栄を受く]” (中国語). 京華時報. (2002年9月25日) 
  61. ^ “[中国芸術研究院 初の外国人一級美術師称号授与]” (中国語) 中国芸术研究院首次授予外国人一级美术师称号. 作家出版社. (2002年9月26日). 
  62. ^ 中国芸術研究院一級美術師”. Toshu Fukami. 2014年4月2日閲覧。
  63. ^ 钟誉(鐘誉) (2002年9月27日). “东瀛学者 徳艺双馨 深见东州在华荻一級美术师证书 [日本の学者 徳と芸の芳香 深見東州 中国にて一級美術師称号得る]” (中国語). 中国民族報 
  64. ^ “第10回高校生国際美術展”. 日中新聞 (日中新聞社). (2009年8月11日) 
  65. ^ 首页>学位论文 > 清华大学 > 美术学 > 从中日美术品在艺术市场的流通变迁看艺术与市场的关系” [学位論文 > 精華大学 > 美術学 > 芸術市場の流通の変遷における日中美術品から見た芸術と市場の関係] (中国語). 山西省科学技术情报研究所. 2015年6月2日閲覧。
  66. ^ 西オーストラリア州立 エディス・コーエン大学芸術学部大学院修了”. Toshu Fukami. 2014年2月10日閲覧。
  67. ^ “続・アカスリ半田劇場6 人生に影響与えたトカラ列島での釣り”. スポーツニッポン (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2014年9月24日) 
  68. ^ "The living artist " by Haruhisa Handa - Edith Cowan University
  69. ^ The Living Artist (PDF)”. 半田晴久. 2015年10月25日閲覧。
  70. ^ 刘亚东(劉亜東) (2002年11月1日). “中国歌剧舞剧院聘用日本歌唱家 [中国歌劇舞劇団日本人オペラ歌手を招聘]” (中国語). 音楽週報 
  71. ^ 中国歌劇舞劇院(オペラ団)一級声楽家”. Toshu Fukami. 2014年4月2日閲覧。
  72. ^ a b 『美術と市場』まえがき参照
  73. ^ a b 学術活動”. 半田晴久公式ホームページ. 2013年12月21日閲覧。
  74. ^ 日本入宋僧研究 2006年 - 中国国家図書館
  75. ^ 半田晴久” (中国語). 浙江工商大学日本語言語文化学院. 2016年6月7日閲覧。
  76. ^ “「明るすぎる劇団・東州」が定期公演”. 日中新聞 (日中新聞社). (2009年3月31日) 
  77. ^ 「深見東州の深奥の世界とは? 第2回演劇空間のアーティスト 原作・脚本・演出・音楽すべてを担当 ユーモラスに人間社会にもの申す表現者」、『ギャラリー』第326号、ギャラリーステーション、2012年、 100-103頁。
  78. ^ 「第7回明るすぎる劇団東州 定期公演2016 新国立劇場公演リポート」夕刊フジ、2016年5月20日
  79. ^ “第7回定期公演でも戸渡阿見ワールド全開”. 東京スポーツ. (2016年5月24日) 
  80. ^ 「世界芸術文化振興協会とアメリカ・ジュリアード音楽院が協定 音楽家の養成プログラムを支援」、『MOSTLY CLASSIC』第141巻、扶桑社2008年12月
  81. ^ シドニー湾に浮かぶ「蝶々夫人」 日本人プリマの大村博美に大喝采 NIKKEI STYLE 2014/4/14
  82. ^ opera on sydney harbour オペラオーストラリア
  83. ^ 野外オペラ、ハンダ・オペラ・オン・シドニー・ハーバー2016年の演目は「トゥーランドット」に決定! ニューサウスウェールズ州政府観光局
  84. ^ 第1回 HANDA CUPフィランスロピー プロボウリングトーナメント”. 一般社団法人 国際スポーツ振興協会. 2013年11月18日閲覧。
  85. ^ Patricia Hannigan (2009年9月6日). “The Handa Cup and Dr. Haruhisa Handa”. Golf Girl's Diary. 2014年5月29日閲覧。
  86. ^ 女性版ライダーカップ構想も持ち上がった 女子プロブームは日米シニア界にも波及中. ゴルフダイジェスト社. (2006年5月2日). http://www.golfdigest.co.jp/digest/column/back9/2006/20060502c.asp 2014年3月13日閲覧。. 
  87. ^ 女子シニアゴルフとの出会い”. 国際スポーツ振興協会. 2014年5月29日閲覧。
  88. ^ 民放FM「さわやか This way」の収録で上京。5月の放送です。(3月24日)-昇地三郎・105歳・習慣健康法・Dr.Saburo・健康長寿、2013年5月26日閲覧。
  89. ^ FM放送「さわやかThis Way」日本テレビ系「ここまでわかった!長生きの秘密と真実」読売新聞科学欄、ゴールデンウイークは、昇地三郎の出番です。-昇地三郎・105歳・習慣健康法・Dr.Saburo・健康長寿、2013年5月26日閲覧。
  90. ^ TV・FM番組情報 たちばな出版
  91. ^ TV・FM番組情報 - たちばな出版
  92. ^ Podcast archive: レオナルドTOSHUの遊びがNight、2013年5月26日閲覧。
  93. ^ 番組紹介ラジオNIKKEI第1

参考文献

関連文献

外部リンク