レオナルド・ウジョア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レオナルド・ウジョア Football pictogram.svg
Leonardo Ulloa 20140705 (cropped).jpg
2014年のウジョア
名前
本名 ホセ・レオナルド・ウジョア
José Leonardo Ulloa
愛称 Leo
ラテン文字 Leonardo ULLOA
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
スペインの旗 スペイン
生年月日 (1986-07-26) 1986年7月26日(31歳)
出身地 ヘネラル・ロカ
身長 185cm[1]
体重 76kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 ブライトン
ポジション FW (CF)
背番号 16
利き足 右足
ユース
アルゼンチンの旗 CAI
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2005 アルゼンチンの旗 CAI 7 (1)
2005-2007 アルゼンチンの旗 サン・ロレンソ 12 (3)
2007 アルゼンチンの旗 アルセナル 32 (3)
2008 アルゼンチンの旗 オリンポ 14 (3)
2008-2010 スペインの旗 カステリョン 78 (31)
2010-2013 スペインの旗 アルメリア 90 (39)
2013-2014 イングランドの旗 ブライトン 50 (23)
2014- イングランドの旗 レスター・シティ 70 (17)
2018- イングランドの旗 ブライトン (loan)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年9月24日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ホセ・レオナルド・ウジョアJosé Leonardo Ulloa, 1986年7月26日 - )は、アルゼンチンリオネグロ州出身のサッカー選手ブライトン & ホーヴ・アルビオン所属。ポジションはフォワード。185cmの長身を活かした空中戦やシュートパターンの豊富さが持ち味である。

経歴[編集]

2002年にプリメーラB・ナシオナル(2部)のCAIスペイン語版からデビューした。2005年にプリメーラ・ディビシオン(1部)のCAサン・ロレンソ・デ・アルマグロに移籍し、クラウスーラ2007でリーグ優勝を果たした。アルセナルFCクラブ・オリンポスペイン語版を経て、2008年夏にスペイン・セグンダ・ディビシオン(2部)のCDカステリョンに移籍した。CDカステリョンではCAI時代のチームメイトであるホセ・カルロス・タバレスと再会し、2008-09シーズンにはチーム内得点王・リーグ6位となる16得点を挙げた。2009-10シーズンにも同じくらいの得点を決めたが、クラブは最下位でセグンダ・ディビシオンB(3部相当)降格が決定した。

2010年6月下旬、プリメーラ・ディビシオン(1部)のUDアルメリアと5年契約を結んだ[2]。移籍金は100万ユーロ(約1億円)[3]。9月13日、レアル・ソシエダ戦ではロスタイムに単独突破から同点弾を決め、2-2の引き分けに持ち込んだ。10月にはコパ・デル・レイラウンド32で再びレアル・ソシエダと対戦し、残り20分で2得点して逆転勝利に貢献した。12月22日、同大会のRCDマヨルカ戦ファーストレグ (4-3) では3得点1アシストの活躍を見せた[4]

2011年1月16日のレアル・マドリード戦 (1-1) では引き分けに持ち込む得点を決め[5]、翌節のCAオサスナ戦 (3-2) では2得点を決めてホーム初勝利に貢献した。しかし、2月以降は無得点に終わり、初のプリメーラ・ディビシオン(1部)挑戦となった2010-11シーズンは7得点でシーズンを終えた[3]。クラブは最下位でセグンダ・ディビシオン降格となり、2011年夏には移籍が噂されたが残留した[6]。2011-12シーズンは得点ランキング首位を独走し、最終的に28得点を挙げて得点王に輝いたが、クラブはシーズン中の監督交代やフロントの混乱などもあり、昇格プレーオフ出場権獲得を逃した。

2013年1月13日、ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFCに移籍した[7]

2014年7月22日、レスター・シティFCに移籍した[8]。2015-16シーズンは途中出場を中心に29試合に出場し、6得点を挙げ、クラブのプレミアリーグ初制覇に貢献した。しかし、2016-17シーズンはイスラム・スリマニらの加入により出番を失った[9]。2017年1月にアラベスからのオファーをクラブが拒否し、それに対して、ウジョアの代理人がクラウディオ・ラニエリ監督とクラブを批判し、その後、ウジョア本人も指揮官とクラブの対応を批判した[10][11]

2017年8月24日、クラブとの契約を2019年6月まで延長した[12]

2018年1月29日、ブライトンにシーズン終了までレンタル移籍した[13]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

サン・ロレンソ
アルセナル
レスター・シティ

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Soccerway
  2. ^ El Almería ficha al argentino Ulloa” (Spanish). Diario Sur (2010年6月22日). 2010年12月23日閲覧。
  3. ^ a b 「得点王レースを独走するアルゼンチン人FW」 footballista、ソルメディア、2012年2月1日号、7頁
  4. ^ Ulloa lidera el manicomio” (Spanish). Marca (2010年12月22日). 2010年12月23日閲覧。
  5. ^ Real held by lowly Almeria”. ESPN Soccernet (2011年1月16日). 2011年2月20日閲覧。
  6. ^ 「返り咲きなるか? “出直し組”が好ターン」 footballista、ソルメディア、2012年2月8日号、33頁
  7. ^ “Albion Complete Ulloa Deal” (英語). ブライトン&ホーヴ・アルビオン. (2013年1月13日). https://www.brightonandhovealbion.com/news/2013/january/albion-complete-ulloa-deal/ 2018年4月13日閲覧。 
  8. ^ “Leonardo Ulloa Joins Leicester City” (英語). レスター・シティFC. (2014年7月23日). https://www.lcfc.com/news/429794 2018年4月13日閲覧。 
  9. ^ “レスターFW、冬の移籍を検討中「僕はいつもプレーしたい」”. フットボールチャンネル. (2016年12月9日). https://www.footballchannel.jp/2016/12/09/post189164/ 2018年4月13日閲覧。 
  10. ^ “レスターFWの代理人がラニエリ監督を痛烈批判「約束を守れない嘘つきだ」”. フットボールチャンネル. (2017年1月24日). https://www.footballchannel.jp/2017/01/24/post195107/ 2018年4月13日閲覧。 
  11. ^ レスターからの移籍を志願するウジョア「ラニエリは裏切り者」と指揮官非難”. goal.com (2017年1月30日). 2018年4月13日閲覧。
  12. ^ “8人のレスターFW、一人と契約更新! 2019年まで契約延長した選手は…”. フットボールチャンネル. (2017年8月25日). https://www.footballchannel.jp/2017/08/25/post227728/ 2018年4月13日閲覧。 
  13. ^ “Leonardo Ulloa Joins Brighton And Hove Albion On Loan” (英語). レスター・シティFC. (2018年1月29日). https://www.lcfc.com/news/604904/leonardo-ulloa-joins-brighton-and-hove-albion-on-loan/featured 2018年4月13日閲覧。 

外部リンク[編集]