レイ王 (周)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「厲王 (周)」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
厲王
10王
王朝
在位期間 前857年? - 前842年?
都城 鎬京
姓・諱 姫胡 または 姫{害+夫}
生年 不詳
没年 前828年
夷王

厲王(れいおう)は周朝の第10代王。

厲王の在位期間は佞臣・栄夷公を重用し、賢臣であった周公、召公等の諫言を退けて暴政を行ったとされ、民衆は物事を口にするのを憚り、視線によりその意図を伝え合ったとされる。これにより周の国勢は凋落し、朝政は腐敗を極めた。民衆の不満が募り、紀元前842年には民衆が王宮に侵入し、厲王を殺害しようとする国人暴動が発生した。事件に際して厲王は、鎬京を脱出して黄河を越え、彘(現在の山西省霍州市)に逃れた。そのため、周公と召公が代わって朝政を見る共和制が施行された。

紀元前828年(共和14年)に厲王が薨去し、周公及び召公により、厲王の子である姫静が即位して宣王となった。

また、宣王の世に厲王の末子である姫友に封じられ、鄭の桓公となる。

以上は『史記』に基づくものであるが、『竹書紀年』によれば、諸侯に推戴された共伯の和という人物が不在の王に代わって政務を執ったとされ、これが共和制の由来と説明されている。