レイン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レイン
เพชฆาตเงียบ อันตราย
監督 オキサイド・パン
ダニー・パン
脚本 オキサイド・パン
ダニー・パン
製作 ノンスィー・ニミブット
音楽 オレンジ・ミュージック
撮影 デーチャー・スィーマントラ
編集 オキサイド・パン
ダニー・パン
配給 クロックワークス
公開 タイ王国の旗 1999年11月1日
日本の旗 2002年1月19日
上映時間 105分
製作国 タイ王国の旗 タイ
言語 タイ語
テンプレートを表示

RAIN』(レイン、原題「กรุงเทพอันตราย(KRUNG THEP ANTHARAI)」、英題「BANGKOK DANGEROUS」)は、1999年タイで作られた映画

バンコクを舞台に、耳と口が不自由だが純粋な心の持ち主である殺し屋の青年の感情が、少しずつ変化していく様を薬局で働く少女との恋愛を通じて描くストーリー。

スタッフ[編集]

出演[編集]

  • コン:パワリット・モングコンビシット
  • フォン:プリムシニー・ラタナソパァー(日本語吹替:寺田はるひ
  • ジョー:ピセーク・インタラカンチット(日本語吹替:山路和弘
  • オーム:パタラワリン・ティムクン(日本語吹替:岡寛恵

ストーリー[編集]

生まれつき耳と口が不自由な青年コン(パワリット・モングコンビシット)。彼の射撃の才能を見抜いた殺し屋のジョー(ピセーク・インタラカンチット)はコンを仕事仲間に引き入れ、凄腕の殺し屋に育て上げた。一方ジョーは利き手を負傷してしまい、最愛の恋人オーム(パタラワリン・ティムクン)すら遠ざける荒んだ日々。そんな中、コンは薬局の少女フォン(プリムシニー・ラタナソパァー)と初めての恋におちる。だが、夜の公園で強盗を射殺したコンにフォンはショックを受けてしまう。さらに、ジョーがオームをレイプしたギャングを殺したため、ギャングのボス(クーキアット・リィムパパット)に殺されてしまう。コンは復讐を誓うが、オームも殺されてしまう。1人となったコンは雨の中、ボスのアジトへ向かう。そこにフォンが駆け付けるが、彼女と多くの警官たちの前でコンはボスを道連れに自分の頭を撃ち抜き、息絶えるのであった…

[編集]

リメイク[編集]

2008年に『バンコック・デンジャラス』としてニコラス・ケイジ主演でリメイクされた。監督は同じくパン兄弟。

外部リンク[編集]