レイモンド・F・ジョーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レイモンド・F・ジョーンズ(Raymond F. Jones, 1915年11月15日 - 1994年1月24日)[1]アメリカ合衆国SF作家ユタ州生まれ[2]ジョン・W・キャンベルに育てられたSF黄金時代作家の1人[3]

作品[編集]

長編『星雲からきた少年』は、石泉社「少年少女科学小説選集」の第一巻として1955年(昭和30年)12月に刊行された。これは日本における翻訳ジュブナイルSFの最初のものである。[2][4]

長編"The Cybernetic Brains (1962)"は『合成脳のはんらん』、『合成怪物』、『合成怪物の逆しゅう』の題で三度に渡って刊行された(いずれも半田倹一による児童向けの抄訳)。暗いストーリーと独特のガジェット(合成生物ゴセシケなど)で知られる。小説家滝本竜彦は、少年時代の読書についてインタビューを受けた際、「一番記憶に残ってる(原文ママ)」[5]作品として本作を挙げている。

1952年の作品"This Island Earth"(未訳)は1955年に同題で映画化された。これはSF映画の古典の一つとして名高い。映画版は「宇宙水爆戦」のタイトルで日本にも紹介されている。ほかの未訳作としては長編"Renaissance"、短編集"The Toymaker"などがある。

短編には時間ものの「よろず修理します」"Pete can fix it (1947)"などがある。1960年代にはそれを含むいくつかの短編作品が日本にも紹介されたが、いずれも雑誌掲載(「S-Fマガジン」に訳載された)に留まっている。

作品リスト[編集]

日本語訳された単行本のみ挙げた。短編等については外部リンクを参照。

  • Son of the Stars (1952)
    • 『星雲からきた少年』福島正実訳、石泉社(銀河書房)、1955年
    • 同上、講談社、61年
    • 同上、65年
  • The Secret People (1956)
  • The Year When Stardust Fell (1958)
  • The Cybernetic Brains (1962)
    • 『合成脳のはんらん』半田倹一訳、岩崎書店、1967年
    • 『合成怪物』同上、1976年
    • 『合成怪物の逆しゅう』同上、2004年
  • Moon Base One (1971)

出典[編集]

  1. ^ Wikipedia英語版Raymond F. Jones (版18:51, 14 December 2008)
  2. ^ a b 『月面基地SOS!』(1977年初版)巻末解説(内田庶
  3. ^ 荒俣宏、石上三登志、小隅黎、谷口高夫『大衆小説の世界 - 幻想怪奇・探偵・SF』(九藝出版、1978年)205ページ
  4. ^ 本の本1977年1月号(特集・SF - その源流をさぐる)』収録「ジュヴナイルSFの流れ」(内田庶)
  5. ^ 『九龍 vol.6』(河出書房新社、2003年、ISBN 4-309-72838-3)35ページ

外部リンク[編集]

  1. 翻訳作品集成レイモンド・F・ジョーンズ(Raymond F. Jones)(短編を含む、日本語訳作品の書誌データ)
  2. Raymond F. Jones(英語)