レイモンド・ガーソフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レイモンド・ガーソフ(Raymond L. Garthoff、1929年-)は、アメリカ合衆国政治学者歴史学者外交官冷戦期の米ソ関係、ソ連の軍事戦略が専門。現在ブルッキング研究所客員研究員。

略歴・人物[編集]

1948年プリンストン大学卒業後、イェール大学で修士号(1949年)と博士号(1951年)を取得。ソ連担当の研究員としてランド研究所への勤務(1950-57年)、その後陸軍外交問題顧問(1957-61年)を務める。その後1961年から68年までは国務省のソ連圏政治・軍事問題の特別補佐官を経験する。米国北大西洋条約機構代表部顧問(1968-1970年)を経て、国務省政治・軍事局(PM)次長(1970-73年)などを歴任し、駐ブルガリア大使も務めた。

実務者としての経験の他に、ジョージ・ワシントン大学、ジョンズ・ホプキンス大学でも講師を務めた。

著書[編集]

単著[編集]

  • Soviet Military Doctrine, (Free Press, 1953).
  • How Russia Makes War: Soviet Military Doctrine, (G. Allen & Unwin, 1954).
  • Soviet Strategy in the Nuclear Age, (Praeger, 1958).
  • The Soviet Image of Future War, (Public Affairs Press, 1959).
  • Soviet Military Policy: A Historical Analysis, (Praeger, 1966).
  • Perspectives on the Strategic Balance: A Staff Paper, (Brookings Institution, 1983).
  • Intelligence Assessment and Policymaking: A Decision Point in the Kennedy Administration, (Brookings Institution, 1984).
  • Detente and Confrontation: American-Soviet Relations from Nixon to Reagan, (Brookings Institution, 1985, revised ed., 1994).
  • Policy versus the Law: the Reinterpretation of the ABM Treaty, (Brookings Institution, 1987).
  • Reflections on the Cuban Missile Crisis, (Brookings Institution, 1987).
  • Deterrence and the Revolution in Soviet Military Doctrine, (Brookings Institution, 1990).
  • Assessing the Adversary: Estimates by the Eisenhower Administration of Soviet Intentions and Capabilities, (Brookings Institution, 1991).
  • The Great Transition: American-Soviet Relations and the End of the Cold War, (Brookings Institution, 1994).
  • A Journey through the Cold War: A Memoir of Containment and Coexistence, (Brookings Institution Press, 2001).

編著[編集]

  • Sino-Soviet Military Relations, (Praeger, 1966).