レイプマン (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レイプマン
Rapeman
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 イリノイ州 シカゴ
ジャンル ポスト・ハードコア
ノイズロック
パンク・ロック
活動期間 1987年 - 1989年
レーベル タッチ・アンド・ゴー
共同作業者 ビッグ・ブラックスクラッチ・アシッドシェラック
メンバー スティーヴ・アルビニ
デヴィッド・ウィリアム・シムス
レイ・ウォッシャム

レイプマン(Rapeman)は、アメリカシカゴで結成されたポスト・ハードコアバンド

概要[編集]

ビッグ・ブラック解散後のスティーヴ・アルビニと、スクラッチ・アシッド解散後のデヴィッド・ウィリアム・シムス、レイ・ウォッシャムの3人によって1987年に結成された。物議を醸したそのバンド名は、みやわき心太郎による日本の漫画作品『THE レイプマン』から採られた。アルビニは友人が所有していたその漫画に衝撃を受け、アンチヒーローの代名詞としてその漫画のタイトルをバンド名に冠した。しかしながら女性に対する暴力を助長するなどとして人権団体から非難が殺到し、デビューから1年ほどで解散を余儀なくされる。アルビニは解散後にレコーディング・エンジニアとしての活動やシェラックを結成するなどしてその名を揚げることとなる。

メンバー[編集]

作品[編集]

スタジオアルバム[編集]

  • Two Nuns and a Pack Mule (1988年)

シングル、EP[編集]

  • "Hated Chinee b/w Marmoset" (1988年)
  • Budd (1989年)
  • "Inki's Butt Crack b/w Song Number One" (1989年)

エピソード[編集]

ソニック・ユースとの対バンで『Kim Gordon's Panties』(アルバム『Two Nuns and a Pack Mule』に収録。キム・ゴードンはソニック・ユースのベーシスト。リーダーであるサーストン・ムーアの妻)を演奏し、サーストン・ムーアにボコボコに殴られるという逸話を残す。