レイスウェイク条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レイスウェイク条約(英語:Treaty of Ryswick)は、1697年9月20日オランダレイスウェイクで締結された国際条約。1688年に勃発した大同盟戦争アウクスブルク同盟戦争、ファルツ継承戦争)を終結させた。この条約で1679年ナイメーヘン条約以降に占領された地域の回復を基本的に定めた。

条約締結によってルイ14世フランスストラスブールサンドマング(現在のハイチ)を獲得し、南インドポンディシェリカナダノヴァスコシアを回復した。

スペインはフランスに占領されたカタルーニャルクセンブルクなどの地域を回復し、長くフランス領だったロレーヌ公国は一旦神聖ローマ帝国の封土としてロレーヌ公レオポルトに返還された。

イングランドは領土的に得たものはないが、ルイ14世はウィリアム3世をイングランド王と認め、名誉革命によってフランスに亡命していたジェームズ2世を今後援助しないことを約束した。

スウェーデンは、プファルツ家の継承地プファルツ=ツヴァイブリュッケン公領(帝国封土)をフランスより主権奪回した。

プファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの息子ヨハン・ヴィルヘルムが継承、ルイ14世は義妹のエリザベート・シャルロット・ド・バヴィエールの継承権を主張しないことを約束した。

外部リンク[編集]