レイキャヴィーク空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レイキャヴィーク空港
Reykjavíkurflugvöllur
Reykjavík Airport
IATA:KEF-ICAO:BIRK
概要
国・地域 アイスランドの旗 アイスランド
所在地 レイキャヴィーク
種類 民間
運営者 Isavia
拠点航空会社 イーグル・エア
標高 14 m (45 ft)
座標 北緯64度07分48秒 西経021度56分26秒 / 北緯64.13000度 西経21.94056度 / 64.13000; -21.94056
ウェブサイト Reykjavíkurflugvöllur
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
01/19 1,567×45 アスファルト
06/24 960×30 アスファルト
13/31 1,230×45 アスファルト
統計 (2009年)
旅客数 379,957人 (国内)
32,141人 (国際)
出典: AIP Iceland[1]
統計: Flugtölur 2009[2]
リスト
空港の一覧

レイキャヴィーク空港(レイキャヴィークくうこう、アイスランド語: Reykjavíkurflugvöllur)はアイスランドの首都、レイキャヴィークにある国内線空港。市街地のすぐ西に位置しバスターミナルに近い。

路線は、レイキャヴィークに次ぐ国内第2の都市アークレイリ、東アイスランドの中心エイイルススタジルヘプン等。フェロー諸島グリーンランドに向けた一部国際線も就航しているが、大部分の国際線はレイキャヴィークから西に50kmほど離れたケプラヴィーク国際空港が利用されている。

施設[編集]

附属施設は空港の周囲に分散して位置している。空港の東側、ペルトラン寄りの一角には管制塔、消防設備、空港使用各社の事務所がある。一方エア・アイスランドは空港の西側に独立したターミナルを持ち、同社の運航路線(コードシェア運航のアトランティック航空便を含む)はこちらで扱われている。

歴史[編集]

レイキャヴィーク空港のある一帯は、1919年から試験的な飛行の際に離着陸場所として利用されていた。1940年にはアイスランドに侵攻したイギリス軍により、本格的な施設が整備された。戦後、施設はアイスランド側に引き渡され、空港として利用されている。

就航路線[編集]

航空会社 就航地 
エア・アイスランド アークレイリエイイルススタジルイーサフィヨルズゥル
イルリサット、クルスーク、ナルサルスアーク [季節運航]、Nerlerit、Inaat、ヌーク
アトランティック航空 ヴォーアル
イーグル・エア Bíldudalur、Gjögur、ヘプン、ソイザウルクロウクル、Vestmanneyjar


脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]