レイ、グッドマン&ブラウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レイ、グッドマン&ブラウン
Ray, Goodman & Brown
The Moments 1970.jpg
ザ・モーメンツ時代(1970年)
基本情報
別名 ザ・モーメンツ
ジャンル ソウルミュージック
活動期間 1965年 -
メンバー ケヴィン・オーエンス
ビリー・ブラウン
ラリー・ウィンフリー
旧メンバー ハリー・レイ
マーク・グリーン
エリック・オルフス
リチャード・グロス
ハロルド・ブラウン
ジョン・モーガン
ジョニー・ムーア
アル・グッドマン
ソロモン・カニンガム
ヒューイット・カニンガム
ロリン・ブラウン

レイ、グッドマン&ブラウンRay, Goodman & Brown)は、アメリカリズム・アンド・ブルース男性ボーカルグループ。1979年ザ・モーメンツThe Moments)から改名した。スイート・ソウルを代表するグループの一つで、美しいファルセットコーラスで有名。


キャリア[編集]

1960年代ワシントンD.C.で活動を開始、1969年には3人が脱退してアル・グッドマンAl Goodman1947年3月31日生まれ、ミシシッピ州ジャクソン出身)とウィリアム“ビリー”ブラウンWilliam "Billy" Brown1946年6月30日生まれ、ニュージャージー州パースアンボイ出身)が加入した。1970年春に「Love On A Two-Way Street」が大ヒットしたが、これはオリジナルメンバーが録音していたものである。その後、唯一残っていたオリジナルメンバーのジョン・モーガンが脱退してハリー・レイHarry Ray1946年12月15日 - 1992年10月1日、ニュージャージー州ロングブランチ出身)が加わり、「If I Didn’t Care」(1970年)、「Sexy Mama」(1973年)、「Look At Me (I'm In Love)」(1975年)などのヒット曲を出した。

1979年, ポリドール・レコードに移籍したが、ザ・モーメンツという名称を使用できなかったため、レイ、グッドマン&ブラウンと改名した。1980年には「スペシャル・レディー」(Special Lady)をヒットさせたが、1982年にレイが脱退したため、ケヴィン・オーエンスKevin "Ray" Owens)が加入した。1987年EMI と契約するとともにレイが復帰、同年「テイク・イット・トゥ・ザ・リミット」(Take It To the Limit) がヒットした。1992年、 初来日コンサートを行った。同年10月、 レイが急死したため、ケヴィン・オーエンスが再び正式メンバーとなった。2002年再来日コンサート(ケヴィン・オーエンスの代わりにラリー・ウィンフリー)。2003年、15年ぶりにアルバム「Intimate Moments」及び「A Moment With Friends」を発表した。同年、アリシア・キーズに求められ彼女のアルバム「ダイアリー・オブ・アリシア・キーズ」(Diary of Alicia Keys)に参加した。2008年7月来日予定。

なお、オリジナルメンバーのマーク・グリーンは、The Moments featuring Mark Greene を結成し活動している。

ディスコグラフィー[編集]

ザ・モーメンツ時代[編集]

ベスト盤[編集]

  • The Best Of The Moments: Love On A Two-Way Street(1996年7月、B0000033S1)
  1. Not on the Outside
  2. Sunday
  3. I Do
  4. Lovely Way She Loves
  5. Love on a Two-Way Street
  6. If I Didn't Care
  7. All I Have
  8. Just Because He Wants to Make Love (Doesn't Mean He Loves You)
  9. My Thing
  10. Gotta Find a Way
  11. Sexy Mama [Album Version]
  12. What's Your Name?
  13. Look at Me (I'm in Love)
  14. Come Away with Me
  15. With You
  16. I Don't Wanna Go
  17. I Could Have Loved You
  18. I'm Willing

レイ、グッドマン&ブラウン時代[編集]

ベスト盤[編集]

  • ベスト・オブ・レイ、グッドマン&ブラウン - The Best of Ray, Goodman & Brown(1996年2月、B000001EIS、POCP-9531)
  1. スペシャル・レディー - Special Lady
  2. インサイド・オブ・ユー - Inside of You
  3. スリップト・アウェイ - Slipped Away
  4. 二人のさだめ - Way It Should Be
  5. アナザー・デイ - Another Day
  6. ハッピー・アニバーサリー - Happy Anniversary
  7. イーチ・タイム・イズ・ライク・ザ・ファースト・タイム - Each Time Is Like the First Time
  8. マイ・プレイヤー - My Prayer
  9. パート・オブ・ユー - Part of You
  10. 夜明けまで愛して - Stay
  11. プール・オブ・ラブ - Pool of Love
  12. 愛は気まぐれ - How Can Love So Right (Be So Wrong)
  13. 雨の中のドライブ - Heaven in the Rain
  14. ミッドナイト・レディー - Midnight Lady
  15. テイキング・チャンセス - Taking Chances
  16. アフター・オール - After All
  17. テイク・イット・トゥ・ザ・リミット - Take It to the Limit
  18. ネクスト・タイム・アイル・ノウ - Next Time I'll Know

※1-16はポリドール時代、17と18はEMI時代


外部リンク[編集]