ルーマニア公国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルーマニア
România
ワラキア公国
モルダヴィア公国
1859 - 1881 ルーマニア王国
ルーマニアの国旗 ルーマニアの国章
国旗 国章
ルーマニアの位置
1859年のルーマニア公国の版図
公用語 ルーマニア語
首都 ブカレスト
大公
1859年 - 1866年 アレクサンドル・ヨアン・クザ
1866年 - 1881年 カロル1世
変遷
連合公国成立(オスマン帝国宗主権下) 1859年2月5日
ルーマニア公国へ改称 1861年
オスマン帝国から完全に独立 1878年7月13日
王政移行 1881年3月13日

ルーマニア公国(ルーマニアこうこく、ルーマニア語: Principatele Române)は、1859年ワラキア公国モルダヴィア公国が合併して成立した東ヨーロッパ国家1881年3月13日に、ルーマニア公カロル1世国王に即位して王制へ移行した。

概要[編集]

ワラキア公国モルダヴィア公国は、オスマン帝国によるヨーロッパ侵攻によって敗れたが、外交的に屈服し、オスマン帝国宗主権下の自治公国として存続することを許されていた。しかし17世紀以降は、オスマン帝国の衰退により、ヨーロッパの列強(特にロシア帝国オーストリア帝国)の干渉を受けるようになった。

19世紀に入ると、ヨーロッパにおけるオスマン帝国の更なる衰退(1817年セルビア公国の成立、1822年ギリシャ第一共和政の成立、1852年モンテネグロ公国の成立など)や欧州におけるナショナリズムの台頭もあり、ワラキアやモルダヴィアでも民族意識が形成され、ワラキア蜂起などが勃発。クリミア戦争においてロシア帝国・オスマン帝国双方が疲弊すると、連合公国として広範な自治を獲得するに至った。

名称[編集]

名称は三度変更されている。

  • 連合公国Principatele Unite) (1859–62)
  • ルーマニア連合公国Principatele Unite Române) (1862–66)
  • ルーマニアRomânia) (1866–81)

歴史[編集]

  • 1859年 - ワラキア公国とモルダヴィア公国が合併し、連合公国が成立。
  • 1861年 - 国称をルーマニア(ロマニア)公国とする。
  • 1866年 - アレクサンドル・クザ公が退位。新たな公カロルのもとで憲法発布。
  • 1877年 - 露土戦争勃発。ロシア帝国側で参戦。
  • 1878年 - ベルリン条約によりオスマン帝国から完全に独立。
  • 1881年 - カロルがルーマニア国王となり、王制へ移行(ルーマニア王国の成立)。