ループレヒト2世 (プファルツ選帝侯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ループレヒト2世(Ruprecht II., 1325年5月12日 - 1398年1月6日)は、プファルツ選帝侯(在位:1390年 - 1398年)。ライン宮中伯アドルフとイルメンガルト・フォン・エッティンゲンの長男。

父が1327年に死亡した時、まだ1歳と幼かったため、ライン宮中伯(後にプファルツ選帝侯)は2人の叔父ルドルフ2世ループレヒト1世が相次いで継承した。1390年に神聖ローマ皇帝ヴェンツェルの承認のもとに、ループレヒト1世亡き後の選帝侯位を継承した。1391年ユダヤ人を異端の罪で領内から追放し、没収した財産をハイデルベルク大学に寄贈した。1395年帝国自由都市ネッカーゲミュントを併合した。

1398年死去、選帝侯位は3男ループレヒト3世が継承、後にドイツ王ループレヒトとして即位した。

子女[編集]

1345年シチリアピエトロ2世の娘ベアトリーチェ(ベアトリクス)と結婚し、4男3女をもうけた。

  1. アンナ(1346年 - 1408年) - ベルクヴィルヘルム2世と結婚
  2. フリードリヒ(1347年 - 1395年)
  3. ヨハン(1349年 - 1395年)
  4. マティルド(1350年 - 1378年) - シゴスト・フォン・ロイヒテンベルクと結婚
  5. エリーザベト(1351年 - 1401年)
  6. ループレヒト(1352年 - 1410年) - プファルツ選帝侯、ドイツ王
  7. アドルフ(1355年 - 1358年)
先代:
ループレヒト1世
プファルツ選帝侯
1390年 - 1398年
次代:
ループレヒト3世