ループレヒト・フォン・デア・プファルツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ループレヒト・フォン・デア・プファルツ

ループレヒト・フォン・デア・プファルツ(Ruprecht von der Pfalz,1481年5月14日 - 1504年8月20日)は、プファルツヴィッテルスバッハ家の公子で、父はプファルツ選帝侯フィリップ、母は同族のバイエルン=ランツフート公ルートヴィヒ9世の娘マルガレーテ。ルートヴィヒ5世の弟、フリードリヒ2世の兄。

生涯[編集]

1495年フライジンク司教に就任したが1498年に辞職(後任の司教は兄フィリップが就任)、翌1499年に伯父のバイエルン=ランツフート公ゲオルクの娘エリーザベトと結婚した。1503年のゲオルクの死後にバイエルン=ランツフート公領の相続を主張して、同族のバイエルン=ミュンヘン公アルブレヒト4世と対立、ランツフート継承戦争が勃発した。アルブレヒト4世と神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世の軍勢と対峙したが、1504年にランツフートで急死した。同年9月、妻エリーザベトも後を追うように亡くなった。

死後、ランツフート継承戦争はアルブレヒト4世の勝利で終結、バイエルン=ランツフート公領の大半はアルブレヒト4世が領有した。残りはループレヒトの2人の息子オットー・ハインリヒフィリッププファルツ=ノイブルク公領として領有した。

子女[編集]

  1. オットー・ハインリヒ(1502年 - 1559年) - プファルツ=ノイブルク公、プファルツ選帝侯
  2. フィリップ(1503年 - 1548年) - プファルツ=ノイブルク公