ルートヴィヒ3世 (プファルツ選帝侯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プファルツ選帝侯ルートヴィヒ3世

ルートヴィヒ3世(Ludwig III., 1378年1月23日 - 1436年12月30日)は、プファルツ選帝侯(在位:1410年 - 1436年)。ドイツ王にも選ばれたループレヒト3世の次男。母はニュルンベルク城伯フリードリヒ5世の娘エリーザベト。プファルツ=ノイマルクト公ヨハン、プファルツ=ジンメルン=ツヴァイブリュッケン公シュテファン、プファルツ=モスバッハ公オットー1世の兄。

兄ループレヒト・ピパンが早世したため、父の死後に選帝侯位を継承した。1415年神聖ローマ皇帝ジギスムントの命令で対立教皇ヨハネス23世ハイデルベルク城に幽閉した。

子女[編集]

1403年イングランドヘンリー4世の娘ブランシェと結婚、1子を儲けた。

  • ループレヒト(1406年 - 1426年)

1417年にピエモンテ伯アメデーオ・ディ・サヴォイアの娘メヒティルド(マティルデ)と再婚、3男2女を儲けた。

先代:
ループレヒト3世
プファルツ選帝侯
1410年 - 1436年
次代:
ルートヴィヒ4世