ルートヴィヒ・フォン・ヴュルテンベルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルートヴィヒの肖像画、1800年

ルートヴィヒ・フリードリヒ・アレクサンダー・フォン・ヴュルテンベルクドイツ語:Ludwig Friedrich Alexander von Württemberg, 1756年8月30日 トゥシェビャトゥフ - 1817年9月20日 キルヒハイム)は、ヴュルテンベルクフリードリヒ2世オイゲンと、その妃でブランデンブルク=シュヴェート辺境伯フリードリヒ・ヴィルヘルムの娘であるフリーデリケ・ドロテア・ゾフィアの間の次男。初代ヴュルテンベルクフリードリヒ1世のすぐ下の弟で、ロシア皇后マリア・フョードロヴナの兄。

ルートヴィヒは1784年にポーランド・リトアニア共和国の大貴族アダム・カジミェシュ・チャルトリスキ公の娘マリア・アンナと結婚し、リトアニア軍に騎兵隊の将軍として出仕していた。しかし1792年にロシア・ポーランド戦争が始まると、ロシア皇太子妃の実兄であるルートヴィヒはロシアと戦うのを拒んで戦線を離脱した。妻マリア・アンナは夫がポーランドを裏切ったことを知ると離婚を決意し、夫妻は翌1793年に離婚した。

子女[編集]

1784年10月28日にマリア・アンナ・チャルトリスカと結婚したが、1793年に離婚した。間に1子をもうけた。

1797年1月28日、バイロイト郊外のヘルミターゲでナッサウ=ヴァイルブルク侯カール・クリスティアンの娘ヘンリエッテと再婚し、5人の子女をもうけた。