ルートフィスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ルーテフィスク
ボールに盛られたルートフィスク

ルートフィスク(ノルウェー語Lutefiskorスウェーデン語lutfisk )とは、干した白身魚などの魚)や塩干しした魚などの魚(fisk)を灰汁(lut)に漬けゼラチンのような食感にした食材である。

主に北欧の冬の時期、特にクリスマスイブに食される伝統食材である。また、アメリカやカナダなどに移住したスカンジナビア文化圏の人々にも食されている。

食べる前に何日間か水を変えながら、灰汁を抜く必要がある。

綴り[編集]

関連用語[編集]

出典[編集]