ルーツク公国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ルーツク公国ロシア語: Луцьке князівство)は1154年にヴォルィーニ公国から分離したルーシの公国である。首都はルーツク(現ルーツィク)にあった。その領域は現在のウクライナヴォルィーニ州の、ストィル川に面した地域にあたる。

歴史[編集]

1097年キエフ大公スヴャトポルク2世らによるリューベチ諸公会議により、ルーシ各地の領土の分配が取り決められた。ルーツクはダヴィド・イーゴレヴィチの、その後すぐにダヴィド・スヴャトスラヴィチの所領となった。さらにその後はルーツクはヴォルィーニ公国の一部となった。とはいえ、1154年には再びヴォルィーニから分離した独自の公(クニャージ)として、ヤロスラフがルーツク公となった。

1227年、ルーツク公ムスチスラフが所領をガーリチ公ダニールに遺贈した[1]

1323年[2]、ルーツク公国はゲディミナスに占領された。公国はロマン家[注 1]出身者としては最後のガーリチ公となったアンドレイの娘を妻とした、ゲディミナスの年少の子のリュバルタスが統治することになった[3]

1393年、ルーツク公位はリトアニア大公国によって廃止された。

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ Генеалогия русской знати
  2. ^ Шабульдо Ф.М. Земли Юго-Западной Руси в составе Великого княжества Литовского
  3. ^ Любарт Гедиминович

外部サイト[編集]

関連項目[編集]