ルース・アサワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルース アサワ
Untitled by Ruth Asawa.jpg
Untitled by Ruth Asawa
生誕 Ruth Aiko Asawa[1]
(1926-01-24) 1926年1月24日[1]
ノーウォーク (カリフォルニア州)[1]
死没

2013年8月6日(2013-08-06)(87歳)

[2]
サンフランシスコ[2]
国籍 アメリカ合衆国
公式サイト www.ruthasawa.com

ルース・アサワ (Ruth Aiko Asawa、1926年1月24日2013年8月5日)はアメリカ彫刻家サンフランシスコ では"噴水の女性"として知られる。 アサワの作品はソロモン・R・グッゲンハイム美術館ホイットニー美術館、デイヴィッド・ツヴィルナー・ギャラリーなどで展示されている[3]。 サンフランシスコ芸術学校創設に尽力したことで知られ、のちにこの学校は2010年にルース・アサワ・サンフランシスコ・スクール・オブ・ザ・アートに改名された [4]

前半生と教育[編集]

ルース・アサワは1926年にカリフォルニア州ノーウォークで生まれた。7人兄弟のうちの1人だった。 両親は日本からの移民で、連邦政府が第二次世界大戦中に日系人収容を開始するまで、父親はトラックファームを運営していた[5]。 一家は1942年にサンタアニタの競馬場に急造された組立センターで拘束され、その後アーカンソー州ローハ戦争移転センターに送られた[6]。  アサワの妹、ナンシー(キミコ)は、家族が拘束されたときに日本の家族を訪れていたが、アメリカは日本からアメリカ市民の入国を阻止していたため帰国することができなかった。 この為、ナンシーは戦争の間日本での滞在を強いられた。

アサワの父親の麻生麻吉は、1942年2月にFBI職員によって逮捕され、ニューメキシコ州の収容キャンプへと送られた。 6ヶ月の間、一家には父親の生死が不明のままであった。アサワが父に再会したのは6年後であった[7]。 父親の発見後、一家は収容キャンプに送られ、そこでアサワは芸術を学んだ[8]

幼少時代からアサワは芸術に興味を示していた。アサワが子供の頃、三年生を担当していた教師に勧められ自分の作品を作り始めた。その結果、1939年に学校芸術大会で賞を受賞した。この作品は何がアメリカ人たらしめるかというテーマの作品であった。これが彼女の初めての受賞であった[9]

収容施設の高校卒業後、戦争が続いたことで、大学のあったカリフォルニア沿岸一帯は、アメリカ市民であるかどうかに係らず日系人の立ち入りが制限されたため、アサワはミルウォーキー州立教師大学に通い美術教師を目指した。 アサワは学位を修了するために必要な練習指導につくことができず、学位を手にいれずにウィスコンシンを去った。 (1998年、ウィスコンシン州はアサワに学位を授与した)[10]

ミルウォーキーでの最後の夏、彼女は姉のロイス(まさこ)と一緒にメキシコを訪れメキシコ大学のアートクラスに通った。彼女のクラスメートの中には、キューバの難民であるクララ・ポルセットがいた。 芸術家ヨゼフ・アルバースの友人のポルセットは、彼(アルバース)が教鞭をとるブラックマウンテン大学についてアサワに語った[7]

アサワは次のように回想している:

私は、それはきっと難しいことだと言いました。戦争の記憶はまだ新しく、公立学校で働くのは難しいだろうと。私の人生は危険にさらされるかもしれないと。これは神の思召しだったかもしれません。なぜなら、それが私の芸術への思いを奮い立たせ、のちに私はノースカロライナ州のブラックマウンテンカレッジに入学したからです。
[11]

1946年から1949年まで、アサワはブラック・マウンテン・カレッジにおいてヨゼフ・アルバースの元で学んだ[12]。 アサワはアルバーズからよくある素材を用いることを学び、さまざまな技法をもってワイヤーを用いる実験をはじめた[13] アサワはブラック・マウンテン・カレッジのすべての学生と同じように、さまざまな芸術形式のコースを受講した。 この多分野にまたがるアプローチは、芸術的実践を形作るのに役立った。 特に、1946年と1948年のブラック・マウンテン・カレッジの夏期セッションでは ジェイコブ・ローレンス英語版や、写真家で歴史家のビューモント・ニューホール英語版ジーン・バルダ英語版、作曲家のジョン・ケージ、振付師のマース・カニンガム、芸術家のウィレム・デ・クーニングバックミンスター・フラーらから影響を受けた。 アサワによれば、マース・カニンガムと一緒に取ったダンスコースは特に刺激を受けたという[14]

私生活[編集]

1949年に、アサワは建築家アルバート・ラニアーと結婚し、エグゼイビア(1950)、アイコ(1950)、ハドソン(1952)、アダム(1956)、アディー(1958)、ポール(1959)の6人の子供を得た。 アルバート・ラニアーは2008年に死亡した。2013年8月5日、アサワは自然死の為にカリフォルニアのサンフランシスコの自宅で死亡した。87歳であった。

キャリア[編集]

ルース・アサワの彫刻が展示されたデイヴィッド・ツヴィルナー・ギャラリー。

1950年代、三次元的な線のように見える編みこまれたワイヤーを用いた抽象的な作品を試みた。 これに用いる基本的技法はメキシコトルーカでの滞在中に学んだ。これはそこに住む村人たちが針金からバスケットを作るのと同じ技法であった。 アサワは次のように説明している。:

私はそれに興味を持ちました。何故なら、線の効率性や、空間に何かを作り出すこと、そしてそれを阻害せずに包み込むこと。それは静かに透き通ったものです。

私は、もし、私が編み込まれ組み合わされたそれらを形取ろうとするのであれば、それは線だけが成しえることだと気づきました。だって線はどこにだっていけるのですから。[15]

1950年代、アサワの作った線造形物はホイットニー美術館で毎年行われている展覧会や1955年のサンパウロ・ビエンナーレなどで何度か展示され彼女を著名にした[16]

1962年、アサワがこれまでの作品で用いてきた抽象的な形状でさらには幾何学的な自然に根差したイメージの束ねられた針金による造形物を作る試みを始めた[17] 。

サンフランシスコデ・ヤング美術館のキュレーターのダニエル・コーネルは 「ルースは造形物が空間の定義と解釈についてどのような機能を持つか理解することにおいて時代の先端を行っていました」と述べ 「彼女の作品の側面は、現代アートを席巻するようになる多くのインスタレーション作品を予期させるものです」とした[18]

1968年、サンフランシスコ岸辺のギラデリ・スクエア英語版に、アサワにとって初めての具象的芸術作品である人魚の噴水を制作した。 この作品でアサワは、200人の生徒に子供用粘土で数百のサンフランシスコのイメージを形どらせ、それらを鉄で鋳造して作品に用いた[15]。 長年に渡り、その他多くの公共の噴水を設計し続け、サンフランシスコにおいてアサワは「噴水の女性」として知られるようになった[15]。 この大きな成功にかかわらず、ルース・アサワは日本ではあまり知られていない。

2017年8月21日、ニューヨークのデイヴィッド・ツヴィルナー・ギャラリーはアサワの作品を収蔵した[19]

公共サービスと芸術教育活動[編集]

アサワは改革的な、特に子供達へ体験させる芸術教育の熱心な支持者で、この活動に情熱的に傾倒していた[20]。 1968年、アサワはサンフランシスコ芸術委員会のメンバーへと任命されると[21]、 政治家や慈善団体に対して一般のサンフランシスコ市民や幼い子供たちに有益な芸術プログラムへの支援を求めるロビー活動を開始した[22]。 1968年、生徒向けのアルバラド芸術体験講座の共同設立に協力した[22]。 1970年代のはじめ、これは連邦資金調達プログラムの予算を用いた職業訓練総合計画英語版であるCETA/Neighborhood Arts Programのモデルとなり、全国で模倣されすべてのジャンルの芸術家を雇用し市の公共事業を任せることとなった。

アルバラドは取り組みは芸術と園芸を融合させたもので、アサワは自らの教育法をその農園に反映させている。 アサワは子供たちが実際に手をふれて行う体験や「試行錯誤 (learn by doing )」が重要だと確信していた。アサワ自身がブラック・マウンテン・カレッジにおいて 活動する芸術家たちから学んだことを取り入れ、子供たちがプロの芸術家たちから学ぶ効果についても確信していた。 アサワは教室で教える教師がその他すべての責任を持ったうえで、さらに芸術を教えることはできないと考えた。 プログラムの予算の85%は学生が学ぶためにプロの芸術家やパフォーマーを招聘することに費やされた[23]。 この方針は1982年に建てられた公立の美術高校に受け継がれた。この学校は2010年に彼女の名誉を讃え、ルース・アサワ・サンフランシスコ芸術学校英語版に改名された[24]

アサワは1976年から芸術の為の基金事業団体であるカリフォルニア芸術協議会に勤め[21]、1989年から1997年の間、サンフランシスコ美術館英語版の理事を務めた[21]

アサワの作品[編集]

  • アンドレア、ギラデリ・スクエアの人魚の噴水 (1966)
  • ハイアット・ユニオンスクエアの噴水 (1973)
  • ブキャナン・モール(日本人街)噴水 (1976)
  • オーロラ英語版、サンフランシスコ沿岸の折り紙風の噴水 (1986)
  • サンノゼの日経アメリカ人収容記念碑 (1994)
  • サンフランシスコ州立大学記念庭園(2002)
  • デイヴィッド・ツヴィルナー・ギャラリーのワイヤーによる作品群 (2017)

ギャラリー[編集]


映画[編集]

  • Ruth Asawa: Of Forms & Growth (1978) [25]

脚注[編集]

  1. ^ a b c About Ruth Asawa – Birth Date: January 24, 1926, Country of Birth: Los Angeles (Norwalk)
  2. ^ a b Baker, Kenneth (August 6, 2013), “California sculptor Ruth Asawa dies”, San Francisco Chronicle, http://www.sfgate.com/entertainment/article/Ruth-Asawa-dead-at-age-87-4709612.php 
  3. ^ RELEASE: RUTH ASAWA Christie's; April 2, 2013.
  4. ^ Tucker, Jill (February 24, 2010). "S.F. school board votes to send pink out slips". San Francisco Chronicle. sfgate.com. Retrieved October 13, 2017.
  5. ^ Cornell, Daniell; Asawa, Ruth; M.H. De Young Memorial Museum (2006). Cornell, Daniell; Japanese American National Museum (Los Angeles, Calif.). eds. The Sculpture of Ruth Asawa: Contours in the air (illustrated ed.). Fine Arts Museums of San Francisco. p. 10. ISBN 978-0-520-25045-1. https://books.google.com/books/about/The_sculpture_of_Ruth_Asawa.html?id=b340AQAAIAAJ 2017年3月29日閲覧。 
  6. ^ “The Industrious Line”. (2007年5月1日). http://www.accessmylibrary.com/coms2/summary_0286-31332091_ITM 
  7. ^ a b Quinn, Bridget (2017). Broad Strokes: 15 Women Who Made Art and Made History, in That Order. San Francisco: Chronicle Books. pp. 135-144. ISBN 9781452152363. OCLC 951710657. https://www.worldcat.org/oclc/951710657 
  8. ^ Asawa, Ruth (1981-09-01). “Community and Commitment: An Interview with Ruth Asawa”. Art Education 34 (5): 14–17. doi:10.1080/00043125.1981.11654033. ISSN 0004-3125. http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/00043125.1981.11654033. 
  9. ^ “Ruth Asawa, an Artist Who Wove Wire, Dies at 87” (英語). (2013年8月17日). ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2013/08/18/arts/design/ruth-asawa-an-artist-who-wove-wire-dies-at-87.html 2017年10月17日閲覧。 
  10. ^ “Artist's return remedies a postwar injustice”. (1998年12月18日). NewsBank document ID 0EB82C32E269DCB3 
  11. ^ Asawa, Ruth (1981). “Community and Commitment: An Interview with Ruth Asawa”. Art Education 34 (5): 14–17. doi:10.2307/3192471. http://www.jstor.org/stable/3192471. 
  12. ^ “The College Died, but the Students Really Lived”. (1992年3月14日). https://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9E0CE3D91E3EF937A25750C0A964958260 
  13. ^ "Life: Black Mountain College", section "Influences". Ruth Asawa. Estate of Ruth Asawa. ruthasawa.com. Retrieved October 13, 2017.
  14. ^ Molesworth, Helen (2014). Leap Before You Look: Black Mountain College 1933-1957. Institute of Contemporary Art Boston. pp. 366 
  15. ^ a b c Martin, Douglas (2013年8月17日). “Ruth Asawa, an Artist Who Wove Wire, Dies at 87”. The New York Times / International Herald Tribune (The New York Times Company). https://www.nytimes.com/2013/08/18/arts/design/ruth-asawa-an-artist-who-wove-wire-dies-at-87.html 2017年3月29日閲覧。 
  16. ^ “An overlooked sculptor's work weaves its way into our times”. sfgate.com. (2006年11月18日). http://m.sfgate.com/entertainment/article/An-overlooked-sculptor-s-work-weaves-its-way-into-2546218.php 2016年8月20日閲覧。 
  17. ^ "Art: Sculpture", section: "Tied Wire Sculpture". Ruth Asawa. Estate of Ruth Asawa. ruthasawa.com. Retrieved October 13, 2017.
  18. ^ Cooper, Ashton (November 26, 2013). "Ruth Asawa's Late, Meteoric Rise From Obscurity". BlouinArtinfo. Retrieved December 6, 2014.
  19. ^ Ruth Asawa: Tending the Metal Garden” (2017年9月21日). 2017年10月17日閲覧。
  20. ^ http://www.sfgate.com/art/article/California-sculptor-Ruth-Asawa-dies-4709612.php
  21. ^ a b c http://www.ruthasawa.com/life2.html
  22. ^ a b http://www.ruthasawa.com/activism.html
  23. ^ Asawa, Ruth; Dobbs, Stephen (1981). “Community and Commitment: An Interview with Ruth Asawa”. Art Education 34 (5): 14–17. doi:10.2307/3192471. http://www.jstor.org/stable/3192471. 
  24. ^ Romney, Lee (August 6, 2013), “Ruth Asawa, artist known for intricate wire sculptures, dies at 87”, The Los Angeles Times, http://www.latimes.com/news/obituaries/et-la-cm-ruth-asawa-artist-known-for-crocheted-wire-sculptures-dies-at-87-20130806,0,3401233.story 
  25. ^ Ruth Asawa: Of Forms & Growth (1978) - IMDb

参考文献[編集]

外部リンク[編集]